日本テーラワーダ仏教協会事務局YouTubeチャンネルの登録者が3,500名を超えた!

www.youtube.com

ようやく……次の目標は5,000名ですね。みなさんご協力お願いいたします。

 


慈悲の瞑想フルバージョン アルボムッレ・スマナサーラ長老【字幕テキスト付】

最新アップロードの「慈悲の瞑想フルバージョン」も好調です。こちらは100億再生をめざしたいですね。

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

カルロ・ロヴェッリもユヴァル・ノア・ハラリも「現代の仏典」だ! 時間は存在しない/21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考/世界哲学史1古代I知恵から愛知へ 仏弟子の仏教書話7【書評】

新年一本目の動画配信です。


カルロ・ロヴェッリもユヴァル・ノア・ハラリも「現代の仏典」だ! 時間は存在しない/21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考/世界哲学史1古代I知恵から愛知へ 仏弟子の仏教書話7【書評】

カルロ・ロヴェッリ『時間は存在しない』いま2週目読んでますけど、面白いですね~~! 動画で言及した書籍は以下のとおりです。

ユヴァル・ノア・ハラリ『21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考』河出書房新社

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

伊藤邦武 山内志朗 中島隆博, 納富信留(責任編集)『世界哲学史1 古代I 知恵から愛知へ』ちくま新書

カルロ・ロヴェッリ『時間は存在しない』NHK出版

時間は存在しない

時間は存在しない

 

中村元 , 早島鏡正(翻訳)『ミリンダ王の問い―インドとギリシアの対決 (1)』平凡社東洋文庫

ミリンダ王の問い―インドとギリシアの対決 (1) (東洋文庫 (7))

ミリンダ王の問い―インドとギリシアの対決 (1) (東洋文庫 (7))

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 1963/11/01
  • メディア: 文庫
 

アルボムッレ・スマナサーラ『「日々是好日」経 [新版]悩みと縁のない生き方』サンガ

「日々是好日」経―[新版]悩みと縁のない生き方― (初期仏教経典解説)

「日々是好日」経―[新版]悩みと縁のない生き方― (初期仏教経典解説)

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

HBOドラマ『チェルノブイリ(CHERNOBYL)』ぜひ観てほしい

1988年4月26日未明に起こったソ連チェルノブイリ原発事故。未曽有の原子力災害と言われたこの事件をテーマにしたドラマシリーズ『チェルノブイリ(CHERNOBYL)』。すさまじい迫力の作品だった。

f:id:ajita:20191231184836j:plain

チェルノブイリ(CHERNOBYL)

www.star-ch.jp

スターチャンネルのオンデマンド(上記公式サイトに案内がある)、プライムビデオのスターチャンネルEXなどで観られるので、視聴環境がある人はぜひ年末年始に観てほしい。チェルノブイリ原発事故はぼくが十代の頃に起きた。世界史的な大事件だったと思う。2011年3月11日から現在まで続く東電福島第一原発事故に直面した時、チェルノブイリをもっと真剣に受け止めて行動していれば、という悔恨の念に駆られた。


DVD【予告編】「チェルノブイリ ーCHERNOBYLー」3.4レンタル開始

チェルノブイリ(CHERNOBYL)』(監督ヨハン・レンク、主演ジャレッド・ハリスステラン・スカルスガルドエミリー・ワトソン 2019年 アメリカ・HBO制作・放送。全5回 計330分)。予告編を再生するだけで胸が締め付けられてしまう。

 

YouTube個人チャンネルの星飛雄馬さんとの対談番組で、東京電力福島第一原発事故を描いたノンフィクション書籍、大鹿靖明メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』と併せて30分ほど話をした。参考にしてもらえれば幸いです。


海外ドラマ『チェルノブイリ(CHERNOBYL)』/大鹿靖明 『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』 仏弟子の俗世間話その7

 

■登場人物/関連情報

チェルノブイリ原子力発電所事故
1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)ウクライナソビエト社会主義共和国チェルノブイリ原子力発電所4号炉で発生。当時、世界最悪の原子力事故と評された

ソビエト連邦ソ連
ソビエト社会主義共和国連邦。1917年ロシア革命を起点に、1922年から1991年まで存続した社会主義国家。第二次世界大戦後は社会主義陣営(東側諸国)の盟主としてアメリカ合衆国傘下の自由主義陣営(西側諸国)と全世界をほぼ二分する東西冷戦時代を牽引した

スリーマイル島原子力発電所事故
1979年3月28日、アメリカ合衆国東北部ペンシルベニア州スリーマイル島原子力発電所で発生した重大な原子力事故

チェルノブイリ立入制限区域
総面積はウクライナベラルーシ両国にまたがり約4,144㎢以上に及ぶ

・隠蔽と発覚
チェルノブイリ原発事故はソ連当局により隠蔽が図られた。しかし、事故発生から2日以上経った4月28日朝に事故現場から1000km以上離れたスウェーデンで異常な放射線量が観測され世界中に発覚した

ヴァレリー・レガソフ
1936年9月1日 - 1988年4月27日。ソ連の化学者、ソビエト連邦科学アカデミー会員。チェルノブイリ原発事故の調査委員会責任者を務めた(演者:ジャレッド・ハリス

・ボリス・シチェルビナ
1919年10月4日 - 1990年8月22日。ウクライナ生まれ。ソ連邦石油ガス工業企業建設相、ソ連邦閣僚会議副議長を歴任。チェルノブイリ原発事故で政府委員会の議長を務めた(演者:ステラン・スカルスガルド

・ウラナ・ホミュック
ベラルーシ原子力研究所に勤務する女性科学者。チェルノブイリ原発事故収束のために尽力した複数の人物を合成したキャラクター(演者:エミリー・ワトソン

・班目春樹
1948年3月31日生。東京大学名誉教授。内閣府原子力安全委員会委員長(第8代)。東日本大震災により東京電力福島第一原発電源喪失した際、菅直人首相(当時)に対して「(原子炉は)構造上爆発しません」と力説した。その後、1号機原子炉建屋で水素爆発が起ると、班目は「あー」と頭を抱えた。その迷言妄言ぶりは日本人の科学者に対する信頼を徹底的に失墜させた

・故郷の喪失
第二次大戦でソ連を侵略した ナチス・ドイツヒットラーにも 、ウクライナに苛烈な収奪を行った ソ連スターリンにも 奪われることのなかった故郷が チェルノブイリ原発事故により奪われた

勝俣恒久
1940年3月29日生。福島第一原発事故当時の東京電力代表取締役会長。電気事業連合会会長、日本原燃株式会社会長 日本原子力発電取締役などを歴任

花田紀凱
1942年9月13日生。『月刊Hanada』編集長、元『月刊WiLL』編集長。 自民党安倍晋三首相とも親しい。花田らが参加した東電のマスコミ接待中国ツアー参加費は 、「桜を見る会」ツアー参加費より安かった

清水正孝
1944年6月23日生。福島第一原発事故当時の東京電力取締役社長。東京電力会長の勝俣恒久は義理の父親にあたる

・無責任体制
東京電力監督官庁である経済産業省で、福島第一原発事故に関連して処罰された人はひとりもいない。原発事故に対する関係者の無責任な態度は、ソ連よりも日本のほうが酷かったのではないか?

・吉井英勝
1942年12月19日生。日本共産党所属の元衆議院議員参議院議員。党の原発・エネルギー問題委員長も務めた。老朽原発に巨大地震が重なることでの過酷事故の可能性について国会で警鐘を鳴らし続けた。福島第一原子力発電所の事故は彼が懸念したとおりの経過を辿ったと言える

・武黒一郎
1946年3月13日生。福島第一原発事故当時の 東京電力フェロー(副社長待遇)。 東電代表として首相官邸で連絡役を務めた

吉田昌郎
1955年2月17日 - 2013年7月9日。東日本大震災発生時の福島第一原子力発電所所長。福島第一原子力発電所事故の収束作業を指揮した

・悪質なデマ
菅直人首相(当時)が東電に命じて原子炉への海水注入を一時中止させたというデマが流された。この悪質なデマを広めたのは、 安倍晋三(現首相)のメルマガであった。未曽有の原発事故に際してデマを 流した政治家が最長政権を誇っている美しい国ニッポン

・終わらない緊急事態
東京電力福島第一原発を受けて政府が発令した「原子力緊急事態宣言」は現在も解除されていない

メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 (講談社文庫)

メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 (講談社文庫)

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

 

超オススメ新刊のお知らせ|アルボムッレ・スマナサーラ『ブッダに学ぶ ほんとうの禅語』(アルタープレス)

ちょうど一ヶ月先ですが、年が明けて2020年1月末にスマナサーラ長老の新刊『ブッダに学ぶ ほんとうの禅語』(アルタープレス)が出ます。11月末の予定が版元の都合で遅れたので、ようやくという感じ。

ブッダに学ぶ ほんとうの禅語

ブッダに学ぶ ほんとうの禅語

 

 「一期一会」「天上天下唯我独尊」「日日是好日」「隻手音声」「百尺竿頭須進歩」「莫妄想」「狗子仏性」などなど、日本文化の中でもよく知られ親しまれている数々の禅語をスマナサーラ長老が提唱(解説)します。

 

かつて臨済宗山田無文老師は、「禅語というて特別なものがあるわけではない。わしならば聖書でも毛沢東語録でも提唱(禅の講義、説法)に使える」と豪語したそうです。実際、禅語には仏典以外を出典とする言葉が多いです。禅のお坊さんが提唱することで、どんな言葉も禅語としての生命を放つ、という面白い現象があるんですね。

 

ならばならば、あらゆる仏教の源流と言える初期仏教の伝道師であり、なおかつ日本で曹洞宗道元を研究したことのあるスマナサーラ長老に初期仏教の視点で禅語を提唱してもらったらどうなるだろうか? と思ったのが企画の発端。

 

さて、どんな切れ味の一冊に仕上がっているか、楽しみにお待ちください。編集者・ライターとして正直に申し上げますが、これは傑作です。面白くないはずがありません。ぜひぜひ、ネット&リアル書店での予約をお願いします。

f:id:ajita:20191231185348j:plain

ブッダに学ぶ ほんとうの禅語

以下、目次です。

 

本書について
はじめに――禅とテーラワーダ仏教

一 悟りの響き
不立文字:俗世間的な知識だけではいつまでたっても心は成長しない
坐禅:ただ足を組むことだけが修行なのではない
修証一等:悟りの境地から見たら、すべての現象は同じ
只菅打坐:妄想を止めて、ただ坐ってみる
身心脱落:執着を捨て去り、主語が消え失せた世界へ
眼横鼻直 空手還郷:「目は横に付いていて、鼻はまっすぐ」に気づいているか
仏道をならふといふは、自己をならふ也:「自己」を学びつくした者に見える世界とは
日々是好日:常に「今」を生きる、悩みと縁のない生き方
一期一会:すべては一度きり。瞬間、瞬間の出来事に真剣に取り組む
前後際断:あらゆる現象はそれ自体で完結している
不昧因果:「原因」を作ることを止めた人がたどり着く、真の安穏

二 修行の声
至道無難 唯嫌揀択:好き嫌いをするから、生きにくくなる
百尺竿頭須進歩:「自分」を捨てて、一切の執着を捨てる
一日不作 一日不食:でも、「飯を食べるために働く」になってはいけない
出世間法:苦を乗り越える、本当の教えとは
公案:ブッダが教えた真理を自分自身が納得できるか
隻手音声:打たない片手の音とは
狗子仏性:一つの公案が解けたら、全部の公案の答えが見えてくる
東山水上行:俗世間の見方の反対こそが正しいと発見する
喫茶去:今の瞬間でやるべきことだけを行う人間になれ
廓然無聖:「自分」という箱をこじ開けて見てみたら……
万法帰一 一帰何処:すべてのサイクルから抜け出る

三 禅語からブッダの言葉へ
天人師:ローカライズされたものではない、普遍的な真理とは
天上天下 唯我独尊:自分と等しい者がひとりもいないとわかった者の孤独
拈華微笑:「ブッダは言葉で真理を語らなかった」は、本当なのか?
色即是空:実体を探そうとすると、何も見つからなくなる
見色明心:心が物質世界に束縛され、依存していることに気づくと……
本来無一物:目覚めた人には執着が成り立たない
洗面:心をきれいにする
春は花夏ほととぎす秋は月 冬雪さえて冷しかりけり:ありのままに観察することの難しさ
莫妄想:苦の世界から解放される特効薬
放下著:「捨てること」も捨ててみる
諸悪莫作 衆善奉行:「善をする」ではなく、「善になる」をめざす

あとがき
ブックガイド

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4910080023/naagita-22/

2019年の振り返り――スマナサーラ長老の初期仏教法話YouTube配信への傾注

改元(令和)もあった2019年の振り返りですが、本業の仏教書編集のほうは大きめの企画が2つ先送り(2020年出版予定)になったことでわりと出版数は少なめでした。単行本は……

慈経/宝経/吉祥経 (初期仏教経典解説シリーズⅣ)

慈経/宝経/吉祥経 (初期仏教経典解説シリーズⅣ)

 
道徳ロボット――AI時代に欠かせない「幸せに生きる脳」の育て方

道徳ロボット――AI時代に欠かせない「幸せに生きる脳」の育て方

 

 この本については、詳しい解説を以下の記事にしました。

naagita.hatenablog.com

 

[改訂版]ブッダの聖地

[改訂版]ブッダの聖地

 

あと毎年恒例の猫ちゃんカレンダー

 

ほかに、電書企画や文庫化、サンガジャパンの連載などなどありました。


サンガジャパン Vol.34 (2020Winter) 特集「お金――お金に振り回されない生き方」 仏弟子の仏教書話6【書評】

 

www.youtube.com

今年、心血を注いだのは2018年12月から始めた日本テーラワーダ仏教協会YouTubeチャンネルですね。毎週2回づつの更新で、ひたすら新しい動画をアップし続けました。おかげさまでチャンネル登録者は3300人を超えて、収益化のハードルをクリア。現在限定公開になっているものも含めれば、動画コンテンツ数も100を超えています。

 

コンテンツは法話会・勉強会のライブ配信・録画配信(ライブ中継録画の再配信含む)のほかに、メールなどで寄せられた質問をスマナサーラ長老に聞く「ブッダの智慧で答えます」とか、けっこう好評ですね。チャンネル登録がまだの方は、ぜひこの機会にお願いします。

www.youtube.com

 

YouTube動画配信で重要なのは、実は「テキスト」です。全動画の7割にはすでにボランティアの皆さんの尽力で日本語字幕(多言語同時翻訳対応)がついています。聞き取りづらい動画も字幕を確認すれば内容がしっかり把握できます。字幕はテキストデータとしてもアーカイブされるので、将来的に他の形で活用することも可能です。とてもよい「法施の循環」ができつつあるなぁ、と思って、勝手に喜んでいます。

 

ちなみに11月からは個人のチャンネルも再起動させました。星飛雄馬さんとの対談「仏弟子の俗世間話」、あと仏教書についてだらだら話をする「仏弟子の仏教書話」をやってます。余技という感じではありますが、こちらもぜひチャンネル登録お願いします。

www.youtube.com

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

 

2019年第四回「ひじる仏教書大賞」を発表 佐藤厚『はじめての韓国仏教――歴史と現在』石井公成『東アジア仏教史』大谷栄一『日蓮主義とはなんだったのか――近代日本の思想水脈』法蔵館の三作品が受賞!

ご無沙汰しております。ついに大みそかになってしまいましたが、毎年恒例の企画をやりたいと思います。ブログ主がその年に読んだ仏教書のなかから、これは!と思う作品に贈る「ひじる仏教書大賞」、なんだ2019年かんだ言って四年目になりました。

 

2019年の「ひじる仏教書大賞」は……

 

はじめての韓国仏教: 歴史と現在

はじめての韓国仏教: 歴史と現在

 

佐藤厚『はじめての韓国仏教――歴史と現在』佼成出版社

 

東アジア仏教史 (岩波新書)

東アジア仏教史 (岩波新書)

 

石井公成『東アジア仏教史』岩波新書

 

日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈

日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈

 

大谷栄一『日蓮主義とはなんだったのか――近代日本の思想水脈』法蔵館

 

上記3作品にお贈りします。特に副賞はございませんが、受賞者の先生方、おめでとうございます!

 

他の記事でも書きますけど、今年はYouTubeに明け暮れた一年だったので、詳しいレビューも動画でやりました。よろしければご覧ください。

 


はじめての韓国仏教――歴史と現在/韓国仏教史/サバハ/東アジア仏教史 仏弟子の仏教書話5【書評】

 


日蓮主義とはなんだったのか――近代日本の思想水脈 仏弟子の仏教書話3【書評】

 

今回の受賞作に限らず、逆境のなかで面白くて有意義な仏教書を執筆・編集・出版するため奮闘している、知性と情熱を兼ね備えた出版人の皆さまに、敬意と随喜をを表したいと思います。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

日蓮主義とはなんだったのか――近代日本の思想水脈 仏弟子の仏教書話3【書評】

仏教書の編集を仕事とするチャンネル主が仏教書を中心に本についてのあれこれをダラダラしゃべるYouTube企画。第3回は、大谷栄一先生の新刊『日蓮主義とはなんだったのか――近代日本の思想水脈』(講談社)について、関連書籍にも触れながらたっぷり話しました。


日蓮主義とはなんだったのか――近代日本の思想水脈 仏弟子の仏教書話3【書評】

■動画で言及した書籍一覧

大谷栄一『日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈』(講談社
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07WGC1GTY/naagita-22/

大谷栄一『近代日本の日蓮主義運動』(法蔵館
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4831856266/naagita-22/

佐藤哲朗『大アジア思想活劇 仏教が結んだ、もうひとつの近代史』(サンガ)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B071CXB63H/naagita-22/

大谷栄一/菊地暁/永岡崇[編]『日本宗教史のキーワード 近代主義を超えて』慶應義塾大学出版会
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766425359/naagita-22/

大谷栄一『ともに生きる仏教 お寺の社会活動最前線』(ちくま新書
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07Q9ZZCRP/naagita-22/

大谷栄一『近代仏教という視座 戦争・アジア・社会主義』(ペリカン社)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4831513180/naagita-22/

末木文美士/頼住光子/[大谷栄一]『日本仏教を捉え直す (放送大学教材) 』(放送大学教育振興会
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4595318537/naagita-22/

中島岳志親鸞と日本主義』(新潮選書)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106038145/naagita-22/

中島岳志島薗進『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』集英社新書
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087208222/naagita-22/

 

他にも星飛雄馬さんとの対談動画を上げています。観てね!


れいわ新選組の政策が画期的である理由 仏弟子の俗世間話その3(前編)


れいわ新選組の「反緊縮」政策とは? 仏弟子の俗世間話その3(後編)


心地よい悪夢が世界を覆う?「幸福な監視国家・中国」と民主主義の未来 仏弟子の俗世間話その4

~生きとし生けるものが幸せでありますように~