大アジア思想活劇――仏教が結んだ、もうひとつの近代史 Kindle版が出ました

このたび、拙著『大アジア思想活劇――仏教が結んだ、もうひとつの近代史』(サンガ,2008)の電子書籍版が刊行されました。版元の方針で、AmazonKindleのみの配信となっています。

明治から昭和を貫く一筋の道――近代仏教
教談師・野口復堂、神智学協会・オルコット大佐、スリランカ仏教徒ダルマパーラ、そして田中智学などなど、 十九世紀から二十世紀の正史、秘史を彩る人物たちがアジアを股にかけ疾駆する近代仏教絵巻。
知られざる歴史を解き明かした必読書!
 
「少しく鳥瞰するならば十九世紀後半、近代日本の覚醒と時を同じくして、インドを中心とした南アジアでは、貶められてきた既存の精神文化を取り戻すべく、仏教ヒンドゥー教などの宗教復興運動が沸き起こりつつあった。その潮流はアジアを侵食する欧米の植民地主義への抵抗のゆりかごとなり、のちに先鋭的なナショナリズム運動へと展開してゆく。(中略)「日本仏教の近代史」を、その潮流のなかに位置づけたとき、いったい何が見えてくるだろうか。」(本文より)
 
大アジア思想活劇: 仏教が結んだ、もうひとつの近代史
 

電書化にあたって最近の近代仏教史研究に関する成果を概観した「電書版あとがき」を加筆しました。ネットで公開されている論文やレポートを含め、ちょっとした「最新版:近代仏教史ブックガイド」としても活用していただけると思います。

さらに、1章「オルコット大佐来日まで」,6章「インド洋の「仏教国」スリランカ」,17章「ミッションの船出・野口復堂の凱旋帰国まで」,18章「釈興然 日本に上座部仏教を伝えた留学僧(上)」19章「釈興然 日本に上座部仏教を伝えた留学僧(下)」,26章「フォンデス もう一人の白人仏教徒」には、【電書版追記】をしました。

追記を施したのは主に明治期の記述に関してですが、それだけ学術的な研究が進んだということですね。その他、いくつかの本文中の誤字や事実誤認を修正しています。書籍版を購入済みの方で、電書版あとがき&追記を読みたいという方がいらっしゃいましたら、PDFファイルを進呈します。メールかTwitter,FB等でご一報ください。

本書の核となる大学卒業論文(いまは亡き東洋大学の印度哲学科)の構想を練り始めたのは1993年の夏頃だったと記憶してます。フリーランスで暇こいてた時の再調査をへて配信したメルマガ「大アジア思想活劇~仏教と近代~」第一号が1999年6月19日。オンデマンド版「オンブック:『大アジア思想活劇』」を刊行したのが2006年7月。サンガから単行本したのが2008年9月。もう四半世紀にもわたるプロジェクトも、そろそろ本当に一区切りという感じです。

大アジア思想活劇というタイトル自体、まぐまぐ!の規約が宗教色を出したものはご法度だったための苦肉の策だったわけですが(最初期のタイトルは《大アジア思想活劇 111年前のインド旅行より》だった)、幸か不幸か「アジ活」との愛称で呼ばれるようになったので、単行本化の際もそのまま使って今に至ります。

電書化によって、バカ高かった(これもサンガの島影社長から、ハードカバーか並製かどっちにする?と訊かれて「じゃぁ、ハードカバーで……」と見栄を張った報い)価格も下げられたし、KindleUnlimitedに入ったので読み放題で手軽に読んでもらえるし……書き手としてはいいことづくめでした。つぎはぎだらけで無駄にエモい本書をきっかけにして、近代仏教史という迷宮に興味を持ってくれるかたが一人でも増えればいいなと願っています。

最後に、大アジア思想活劇の節目節目で適切な助言をくださった吉永進一先生(舞鶴工業専門学校)はじめ、各界「アジ活サポーター」の皆様にこころより感謝もうしあげます。ありがとうございました!

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

 

おまけ:

大アジア思想活劇: 仏教が結んだ、もうひとつの近代史

大アジア思想活劇――仏教が結んだ、もうひとつの近代史 Kindle版総目次

はじめの口上
明治二十一(一八八八)年の天竺武勇談/近代仏教史の発見白人ブディストと講釈師と「佛教復興」アナガーリカ・ダルマパーラと日本近代アジアを貫くカルマ仏教という窓を通じて

第Ⅰ部 噺家 野口復堂のインド旅行

1 オルコット大佐来日まで
キリスト教の大攻勢白人仏教徒からの手紙『佛教問答』の翻訳出版【電書版追記】

2 日本仏教明治維新
近世仏教の姿廃仏毀釈の惨状仏教再評価のジレンマ世界のなかの日本仏教

3 オルコット招聘運動顛末
オルコット招聘運動と平井金三オルコット来ないなら寄付金返せ義兄金三の窮地に復堂起つ

4 平井金三と野口復堂
平井金三の生い立ちアメリカでの仏教講演・ユニテリアン・道会への参加日本語はアーリア系と主張心霊研究のパイオニア平井金三の宗教観野口復堂の生い立ちインド旅行・万国宗教大会出席教談の誕生教談全盛時代晩年の野口復堂野口復堂の宗教観

5 神智学協会インドへ向かう
スリランカ仏教の恩人──その意外な素顔ブラヴァツキー夫人とオルコット大佐スピリチュアリズムの時代運命の出会いラマ僧院の理想主義者『ヴェールを脱いだイシス』神智学協会インドへ!

6 インド洋の「仏教国」スリランカ
光り輝く島インド文化圏への窓シンハラ人とタミル人仏教ナショナリズム仏教国」の危機【電書版追記】

7 パーナドゥラの論戦
パーナドゥラで何が起きたのか?論争の行方グナーナンダの勝利神智学徒からの手紙

8 白い仏教徒の闘い
神智学協会インド上陸アーリア・サマージとの会見仏教徒となった神智学徒オカルティストの仏教理解アディヤールへの本部移転セイロン仏教の救世主ウェサックの祝日化・仏教旗の制定プロテスタント仏教

9 「ランカーの獅子」の誕生
その生い立ち少年時代の原風景ミッションスクールでの葛藤神智学との出会いアディヤールヘの旅オカルトからパーリ語

10 ダヴィッドがダルマパーラを名乗るまで
ブラヴァツキー夫人のインド追放ブラヴァツキー夫人、ロンドンに死す仏教からメシア信仰へ──神智学協会の「変質」スリランカ奥地への旅シンハラ・ナショナリズムの目覚め

11 野口復堂 コロンボでの出会い
コロンボ上陸までダルマパーラとの出会い神智学協会の客人としてアフマド・アラービーとの会見

12 野口復堂 セイロン珍談集
スマンガラ大長老との会見コロンボで出会った日本人僧侶スリランカ仏教のあらましスリランカカースト上座部仏教の強度スポーテーの戒律珍問答ランチタイムの椰子問答変な仏像宇源・源智の観音ご利益コント

13 野口復堂 ついにインド上陸
南の島の天長節ダルマパーラとともにインドへ発つ夢想兵衛が栄華の夢か──トゥティコリンの熱狂一路アディヤールへ

14 明治日印交流史
島地黙雷の欧州歴訪とインド上陸北畠道龍のブッダガヤ巡礼インド公式訪問第一号 多田元吉お雇い外人モレルについて外国人婿養子第一号になったインド人

第Ⅱ部 オルコット大菩薩の日本ツアー

15 マドラス寄席の長名話
トゥティコリンからマドラスマドラス改名とタミル・ナショナリズムについてついにオルコットとまみえるオルコットの牛車インドで落語「長名話」を披露インド随一の梵語学者を梵語で泣かす「長名話」にマドラス中が騒然

16 長名話の縁起
笑福亭 梅香 バッシヤチャリヤ長名話の系譜桂米朝と長名話ラニの由縁と法華経『陀羅尼品』について長名話の盛衰に関する考察スペシャル・デレゲート野口復堂

17 ミッションの船出・野口復堂の凱旋帰国まで
分断されたインド社会百六歳の老翁との対話パッチャパス・ホールでの大演説野口復堂は日印交流の先駆け南北仏教徒を結んだミッションスマンガラ大長老の公式書簡ついに凱旋帰国【電書版追記】

18 釈興然 日本に上座部仏教を伝えた留学僧(上)
日本スリランカ仏教交流の始まり──釈雲照の祈願/釈興然をセイロンに導いた人々/森鴎外より漢詩を送られる/日本人初の上座部仏教僧侶の誕生/【電書版追記】

19 釈興然 日本に上座部仏教を伝えた留学僧(下)
林董と明治仏教/日本の上座部仏教教団設立へ/日本は「大乗相応の地」か/河口彗海をスカウトする/「小乗仏教」を信じるということ/興然と宗演──セイロン留学僧の対照的な生きざま/タイ王室に招かれる──晩年/菩提樹の浮き彫り──釈迦牟尼ヘの追慕/墓碑/【電書版追記】

20 「十九世紀の菩薩」オルコット日本来訪(上)
オルコットの上陸日本仏教界の大歓迎オルコット 先祖に会わす顔がない知恩院での最初の演説──ペリー総督の再来管長会議で仏教統一を説くオルコットの日本行脚

21 「十九世紀の菩薩」オルコット日本来訪(下)
オルコットの上京日本仏教への苦言『反省会』のネットワーク『海外仏教事情』と高楠順次郎

22 病床のダルマパーラ
ダルマパーラの入院オルコットの霊能力日本人の熱心な称賛者英語文献を通じた「伝統」との再会仏教復興は民族独立ヘの道

23 オルコット来日がもたらしたもの
オルコット帰国と日本人留学僧渡印南北仏教を結んだ功労者オルコット・ブームへの警戒お雇い外人ベルツの見たオルコット川合清丸とオルコットの『論争』国粋主義仏教普遍への窓としての仏教忘れられた「救世主」

24 ブッダガヤ復興運動の開始
この地に留まれ、そしてこの聖地に奉仕せよブッダガヤと神権領主マハンタブラヴァツキーの訃報──ひるがえる仏教日本でも燃え上がった仏蹟復興運動『国際仏教会議』の開催ブッダガヤに「日本の野望」を見た植民地当局

25 オルコット再来日・蜜月の終わり
オルコットの日本再訪
十四ヶ条の信仰条規国際仏教徒連盟の設立を目指す神智学協会の内紛──覚醒と憎悪のネットワーク日本で拒絶された「仏教十字軍」神智学は仏教なのか? 揺れ動いた日本仏教

26 フォンデス もう一人の白人仏教徒
神智学協会と日本仏教を断ち切った男/日本仏教の代弁者/「海外宣教会ロンドン支部」を設立──神智学批判を展開/ダルマパーラの苦言/高楠順次郎の英国留学/高楠とフォンデスの交流/神智学をめぐるカオス/その後のフォンデス/【電書版追記】

第Ⅲ部 ランカーの獅子 ダルマパーラと日本

27 シカゴ万国宗教大会 仏教アメリカ東漸
「ランカーの獅子」カルカッタに拠る『大菩提雑誌(The Maha Bodhi Journal)』の創刊シカゴ万国宗教大会テーラワーダ仏教の代表として万国宗教大会と日本仏教アメリカ「初転法輪」の誓いオセロとキリスト宗教面での国威掲揚

28 ダルマパーラ二度目の来日
フォスター夫人との出会い二度目の来日──日印交流を訴える日本仏教徒からの贈り物足早の帰国ブッダガヤ復興運動への疑念土宜法龍のレポートより幻の仏教釈雲照の珍談牛を食う奴は手を挙げろ!

29 「日本の仏像」インドで大暴れの巻
ブッダガヤ奪還の切り札ブッダガヤへ帰った日本の仏像マハンタの暴行仏像の移転命令 日本仏教徒の怒り日印のかすがいだった阿弥陀薄れていった興奮カリスマの誕生

30 大拙・慧海・ダルマパーラ
近代日本仏教を代表する巨人鈴木大拙の生い立ち河口慧海の生い立ち三会寺での出会いと別れ大拙の渡米とダルマパーララサールでの書生暮らし鈴木大拙とダルマパーラ、アメリカでの交流河口慧海とダルマパーラ、ブッダガヤの出会い

31 ダルマパーラ一九〇二年の来日
アメリカでの布教活動インド大飢饉救援と日本の「骨騒動」神智学協会との訣別セイロンでの活動インド大旅行三回目の来日──活動仏教の提唱日英同盟と日印協会の設立

32 ダルマパーラと田中智学の会見(上)
二人の「獅子」の出会い田中智学とはいかなる人か?田中智学の活動ダルマパーラと智学の出会い要山師子王文庫での会談小町霊跡でのやりとり対鶴館における談話──日蓮伝記と英訳法華経対鶴館における談話──天竺に仏法なし対鶴館における談話──皇室の信仰・インドの虐政

33 ダルマパーラと田中智学の会見(中)
対鶴館における談話──ダルマパーラの「悪評」対鶴館における談話──日蓮宗の海外布教を促す対鶴館における談話──樗牛との別れ

34 ダルマパーラと田中智学の会見(下)
瀧口での談話──「予は比丘にあらず、優婆塞にあらず」瀧口での談話──仏教信仰と実践をめぐる智学との「論争」二人の別れと後日談日露戦争と「人種闘争の世紀」の幕開け岡倉天心の渡印について

35 血の轍
シンハラ仏教ナショナリズムの誕生アーリア人種」の痕跡を求めて文明と血脈四たび「日出づる国」へ

36 冷遇された最後の来日
ダルマパーラへの冷遇仏教運動という空虚印度の志士ダルマパーラ汎アーリア主義の叫び『道会』での講演録革命の坩堝・試練の道へ

37 その後のダルマパーラ
セイロン暴動日英同盟下のインド支援一九一五年セイロン暴動の背景について晩年──サールナートに拠るダルマパーラの死

38 サールナート寺院壁画と野生司香雪
インドからの呼びかけ詩聖タゴールの激励サールナートでの画業ダルマパーラとの衝突相次ぐ外護者の死成就の墨跡

39 ひとつになった仏教世界(上)
仏教ルネッサンスの時代『海外仏教事情』誌における南北仏教対話大東亜共栄圏と日本仏教・ひとつの事例クリスマス・ハンフレーズと「仏教の十二原理」

40 ひとつになった仏教世界(下)
世界仏教徒連盟会議とサンフランシスコ会仏教伝来から千四百年目の「仏教世界の連合(ユナイテッド・ブッディスト・ワールド)」パール博士とWFB大会広島を癒した仏舎利仏教国日本」の再建とアジア仏教徒の受難

41 仏教とアジア近代史再考
日本とスリランカ・それぞれの近代仏教ダルマパーラの日本礼賛と「アーリア主義」日本仏教への挑発者近代仏教史という問い私たちは「仏教国日本」を生きている

おわりに 広島の二葉山平和塔をめぐって
二葉山平和塔の落成式広島から消えた仏舎利世界仏教徒の事業となった仏舎利塔建設藤井日達の二葉山仏舎利塔計画迷走する比治山仏舎利塔計画広島を去った仏舎利

あとがき

電書版あとがき

参考文献

年表

『60分でわかる!仏教書ガイド』に触発されて……こんな仏教書もどうでしょう?

友人の星飛雄馬さん(作家&編集者)が新刊『60分でわかる!仏教書ガイド』Kindle版,Evolving を上梓されました。

60分でわかる!仏教書ガイド

60分でわかる!仏教書ガイド

 

仏教入門書をはじめ、瞑想実践書から三蔵経典まで仏教を学びたいすべての人へ向けた仏教書ガイドです!
自分の役に立つ、自分に合った仏教書を見つけることができるでしょう!

(まえがき より)
 職業柄か、よく「仏教について知りたいのですが、まず最初の一冊にはどれを読んだらいいですか?」「仏教の瞑想について書かれた本で、おすすめのものはありますか?」といった質問を受けることがある。
 そのような時、簡単に返答をするのは容易ではない。なぜなら、質問者の仏教への理解度に応じておすすめの入門書といったものは変わってくるからである。なおかつ、仏教は現在世界中に広まっており、おすすめの瞑想の本と言われても、どのような宗派の仏教かによっても異なるからである。
 本書はそうした、「自分にとって参考になる仏教書を見つけたい」と思っている読者のニーズに応えるために書かれたものである。
 まず、第一章の「仏教概論」では、「入門編」と「中級者向け」の二つのレベルに分け、仏教を学ぶ上での基本的な知識が学べる本をリストアップした。
 第二章から第九章は、それぞれ世界の地域別に分け、それらのエリアで名著とされている仏教書を紹介した。
 第十章はテーラワーダ仏教聖典とされる三蔵経典の翻訳書、第十一章は仏教史の本、そして第十二章は仏教辞典と、より深く仏教を学びたいと思ったときに座右にあると心強い本を選んだ。〔中略〕
 本書が、仏道修行をする方々にとって、少しでも役に立つことを願う。  

 という意欲作でして、取り上げられている本のタイトルは以下のとおり。

目次
はじめに
第一章 仏教概論
入門編
 アルボムッレ・スマナサーラ、イケダハヤト『仏教は宗教ではない』
 プラユキ・ナラテボー、イケダハヤト、ヒビノケイコ『自由になるトレーニング』
 魚川祐司『だから仏教は面白い!』
 アルボムッレ・スマナサーラ『仕事でいちばん大切なこと』
中級者向け
 佐々木閑『ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか』
 吉村均、三木悟、岩井昌悟『現代仏教塾I』
 魚川祐司『仏教思想のゼロポイント』
 藤本晃『悟りの4つのステージ』
 香山リカ『マインドフルネス最前線』
第二章 タイ仏教
 プラユキ・ナラテボー『「気づきの瞑想」を生きる』
 プラユキ・ナラテボー『苦しまなくて、いいんだよ。』
 プラユキ・ナラテボー『仕事に効く!仏教マネジメント』
 プラユキ・ナラテボー『自由に生きる』
 プラユキ・ナラテボー、篠浦伸禎『脳と瞑想』
 カンポン・トーンブンヌム『「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方』
 パイサーン・ウィサーロ『心が自由になる、初期仏教30の説法』
 アーチャン・チャー『[増補版]手放す生き方』
 アーチャン・チャー『無常の教え』
 アチャン・チャー『アチャン・チャー法話集 第一巻 戒律』
 ブッダダーサ比丘『呼吸によるマインドフルネス』
 ポー・オー・パユットー『テーラワーダ仏教の実践』
 ポー・オー・パユットー『仏法の思考と実践』
 ポー・オー・パユットー『仏法』
第三章 ミャンマー仏教
 天野和公『ミャンマーで尼になりました』
 西澤卓美『仏教先進国ミャンマーのマインドフルネス』
 西澤卓美『いろいろ悩みがあったので、西澤さんに訊いてみた。』
 ウ・ジョーティカ『ゆるす 読むだけで心が晴れる仏教法話』
 ウ・ジョーティカ『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』
 ウィリアム・ハート『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』
 マハーシ・サヤドー『ヴィパッサナー瞑想
 マハーシ長老『ミャンマーの瞑想 ウィパッサナー観法』
 サヤドー・ヤウェイヌエ『慈しみの思考』
第四章 スリランカ仏教
 バンテ・ヘーネポラ・グナラタナ『マインドフルネス』
 バンテ・ヘーネポラ・グナラタナ『マインドフルネスを越えて』
 バンテ・ヘーネポラ・グナラタナ『8マインドフル・ステップス』
 アルボムッレ・スマナサーラブッダの聖地』
第五章 ベトナム仏教
 ティク・ナット・ハン『ブッダの〈気づき〉の瞑想』
 ティク・ナット・ハン『ブッダの〈呼吸〉の瞑想』
第六章 アメリカ仏教
 ラリー・ローゼンバーグ『呼吸による癒し』
第七章 チベット仏教
『サンガジャパンVol.24』
 ツルティム・ケサン、正木晃『チベット密教
 中沢新一チベットの先生』
第八章 中国仏教
 柳田聖山、梅原猛『無の探求「中国禅」』
 小川隆『『臨済録』 禅の語録のことばと思想』
第九章 日本仏教
 ネルケ無方『迷える者の禅修行』
 角田泰隆『道元入門』
 角田泰隆『坐禅ひとすじ』
 横尾忠則坐禅は心の安楽死
 井上義衍『禅 もう迷うことはない!』
 井上義衍『禅話プロローグ』
 井上貫道『井上貫道老師提唱録』
 原田雪溪『宝鏡三昧普説』
 川上雪担『雪担老師語録』
 釈徹宗法然親鸞一遍』
第十章 三蔵経典
経蔵(Sutta-piṭaka)
長部(Dīgha-nikāya)
 片山一良訳『長部(ディーガニカーヤ)』
 アルボムッレ・スマナサーラ『沙門果経』
 アルボムッレ・スマナサーラ『成功する生き方 「シガーラ教誡経」の実践』
中部(Majjhima-nikāya)
 片山一良訳『中部(マッジマニカーヤ)』
相応部(Saṃyutta-nikāya)
 片山一良訳『相応部(サンユッタニカーヤ)』
小部(Khuddaka-nikāya)
 正田大観訳『小部経典』
 アルボムッレ・スマナサーラ『心に怒りの火をつけない』
 アルボムッレ・スマナサーラブッダの「慈しみ」は愛を超える』
論蔵(Abhidhamma-piṭaka)
 正田大観訳『清浄道論』
 アルボムッレ・スマナサーラ、藤本晃『ブッダの実践心理学』
第十一章 仏教
 宮元啓一『わかる仏教史』
 平川彰『インド仏教史』
 小川隆『禅思想史講義』
 末木文美士『日本仏教史』
 佐藤哲朗『大アジア思想活劇』
『別冊サンガジャパン1 仏教瞑想ガイドブック』
第十二章 仏教辞典
 ポー・オー・パユットー『ポー・オー・パユットー仏教辞典(仏法篇)』
『別冊サンガジャパン2 タイ・ミャンマー人物名鑑』
あとがき

おもわず赤字で表記してしまいましたが、拙著『大アジア思想活劇―仏教が結んだ、もうひとつの近代史』も入っています。あと、僕が編集に関わった本も太字にしてあります。(^^♪

第1章「仏教概論」がすべてテーラワーダ仏教系,初期仏教研究系で占められており、第2章以降の各国編もなんとタイ、ミャンマースリランカテーラワーダ仏教の国がつづいて、ベトナム、アメリカ、チベットと来て、ようやく中国、日本に入ります。

いまどきは、仏教への入り方ってこうなんですよ!という著者の強いメッセージ・思想的立ち位置を感じさせる並びですね。Kindleで読める本が多く選ばれていることも特徴ですね。

もちろん項目ごとの濃淡は激しいので、足りない点をあげつらうことは簡単かもしれません。でも、テーラワーダと曹洞禅での修行体験を持つ著者の来歴を踏まえるならば、しっかり体重のかかった、まこと誠実な選書だとわかるはずです。

う~ん、これいい企画だなぁ。

ちょっと触発されてしまったので、以下、星さんの目次立てに合わせて、これも如何でしょうか?という本を補足してみました。

仏教百話 (ちくま文庫)

仏教百話 (ちくま文庫)

 

初期仏教経典のエピソードから精選された100話のショートエッセイ集。すぐれた文学者でもあった増谷文雄氏の力量を見せつけられるような文句なしの名著です。何度読んでも心を打たれます。仏教を好きになるか否かに関係なく、本書を読めば「お釈迦様のファンになる」ことは請け合いです。

総図解 よくわかる 仏教

総図解 よくわかる 仏教

 

わりと軽めですが、とりあえず「仏教のことをざっと知りたい」レベルの導入本としてはお勧めできる内容です。目次は、

1 ブッダの生涯と仏教の世界史
2 仏教を知るキーワード
3 日本仏教の歴史と宗派
4 お経のプロフィール
5 仏尊と仏像の世界
6 仏教のしきたりと文化

僕が担当した「仏教を知るキーワード」は、以下noteページで公開しているので、よろしければ読んでみてください。

note.mu

明解 仏教入門

明解 仏教入門

 

最近(といってもここ20年くらいのスパンですが)刊行された中級レベルの仏教概説書のなかでは、もっとも「筋がいい」一冊と思います。目次は以下のとおり。

第1章 仏教のめざすもの
第2章 苦の発生の構造、三道―輪廻のメカニズム
第3章 智慧の獲得構造、三学―悟りへのシステム
第4章 仏教の基本姿勢と釈尊の教法
第5章 四諦仏教の教えの集約
第6章 大乗仏教の修行―六波羅
第7章 仏教の哲学―縁起と空
第8章 三法印

現存する上座部仏教大乗仏教の系譜をふまえて、なるべくフラットかつ包括的に記されているので、余計なストレスなしに読めます。城福先生、この一冊といわず、もっと一般向けの本を書いてほしいものです。

微笑みの祈り―智慧と慈悲の瞑想

微笑みの祈り―智慧と慈悲の瞑想

 

インドシナテーラワーダ仏教国といえばタイ・ミャンマーが挙げられますが、隣接するラオスカンボジアテーラワーダ仏教が多数派を占めています。ゴサナンダ長老は内戦とポルポト政権下の大虐殺で廃滅の危機に瀕したカンボジア仏教を復興へと導いた方です。本書はその法話集。シンプルな言葉で語られていますが、本物の深みを感じられると思います。ゴサナンダ長老については、当ブログでも紹介したことがあります。

naagita.hatenablog.com

naagita.hatenablog.com

サンガジャパンVol.18(2014Summer)

サンガジャパンVol.18(2014Summer)

 

あと、こちらのサンガジャパン18号でも、カンボジアラオス仏教指導者とスマナサーラ長老の対話などを通して、当地の仏教事情を知ることができます。あまり類書がないので、一読の価値はあると思います。

  • 第六章 アメリカ仏教
アメリカ仏教―仏教も変わる、アメリカも変わる

アメリカ仏教―仏教も変わる、アメリカも変わる

 

そのものズバリのタイトル。このジャンルは日本語圏ではケネス・タナカ先生の独壇場ですね。アメリカ発のマインドフルネス ・ブームはまさに「アメリカ仏教」のアウトプットと言えるものなので、その背景を押さえるためにも必読の書です。

僧侶と哲学者―チベット仏教をめぐる対話

僧侶と哲学者―チベット仏教をめぐる対話

  • 作者: ジャン=フランソワルヴェル,マチウリカール,Jean‐Francois Revel,Matthieu Ricard,菊地昌実,高砂伸邦,高橋百代
  • 出版社/メーカー: 新評論
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

……正直、チベット仏教系はあまり読んでないんですが、これなんかどうでしょ? 

あ、よく見たら目次にインド仏教入ってないじゃん!というわけでインド仏教徒の大導師、佐々井秀嶺の伝記を挙げておきましょう。 これほどエキサイティングな伝記文学はなかなか読めるもんじゃないですよ。KindleUnlimitedに入ってます。

アンベードカルの生涯 (光文社新書)

アンベードカルの生涯 (光文社新書)

 

そして、長らく法滅状態だったインド仏教を20世紀後半に復興へと導いたアンベードカル大菩薩の伝記を読みましょう。差別に抗い人間の尊厳を確立するという、忘れられていた仏教の価値を突き付けられます。こちらもKindleUnlimitedに入ってます。

仏典はどう漢訳されたのか――スートラが経典になるとき

仏典はどう漢訳されたのか――スートラが経典になるとき

 

中国仏教は、まったく異なる文化体系であるインド言語で記録された経典を漢文に翻訳するという文明史的な一大プロジェクトによって基礎づけられました。その漢訳仏教経典の成立について概説した画期的な本です。中国仏教の特質を知る上でも欠かせない基本文献と思います。

第1章 漢訳という世界へのいざない―インド、そして中国へ
第2章 翻訳に従事した人たち―訳経のおおまかな歴史
第3章 訳はこうして作られた―漢訳作成の具体的方法と役割分担
第4章 外国僧の語学力と、鳩摩羅什玄奘の翻訳論
第5章 偽作経典の出現
第6章 翻訳と偽作のあいだ―経典を“編輯”する
第7章 漢訳が中国語にもたらしたもの
第8章 根源的だからこそ訳せないもの
第9章 仏典漢訳史の意義

入唐求法巡礼行記 (中公文庫)

入唐求法巡礼行記 (中公文庫)

 

遣唐使として大陸に渡った慈覚大師円仁(三代目の天台座主)が遺した長編旅行記です。隆盛を誇った唐代の中国仏教が、会昌の廃仏によってあっという間に徹底的に破壊される様子が克明に描かれており、これを読んでいると『シン・ゴジラ』で「この国はスクラップアンドビルドで立ち上がってきた」云々いってたの、寝言じゃね?という気がしてきます。大陸の歴史なめちゃいかんです。

21世紀  仏教への旅  朝鮮半島編

21世紀 仏教への旅 朝鮮半島編

 

これも目次には入っていなかった朝鮮半島仏教五木寛之さんのNHKスペシャル本、すごく貴重なレポートになってるんですよ。あまり知られていない隣国の仏教の姿が生き生きと描かれています。韓国の高僧との会見録とか爽やかな風に吹かれているようで、とてもいい。古書価格も安いし、ぜひ読んでみてください。

空海―生涯と思想 (ちくま学芸文庫)

空海―生涯と思想 (ちくま学芸文庫)

 

宮坂宥勝先生の本はどれも切り口がぶっ飛んでいて面白く大ファンなのですが、この空海論は短めの論考をまとめたもので読みやすいです。曰く、明治43年に長谷宝秀が『弘法大師全集』16巻を出すまで、空海は大師信仰の対象であって、著作はほとんど読まれなかった。宗門においても『十住心論』『文鏡秘府論』『性霊集』など等閑視されていた……とすれば、弘法大師空海もまた、近代において「発見」された仏教者と言えるかもしれませんね。 

宝慶記―道元の入宋求法ノート

宝慶記―道元の入宋求法ノート

 

道元と天童如浄禅師の問答集、大陸に渡り真の仏法を求めた道元の鋭い問題意識とそれに答える如浄全身の仏法。道元のその後のすべての著作の基礎と言ってもいい内容である。僕自身20代で本書と出会ったからこそ、冷笑やニヒリズムや価値相対主義に陥ることなく、暗闇の中でブッダの教えを探求することができた。自分と初期仏教を精神的に繋いでくれた本かもしれない。サンガジャパン23号「この仏教書を読め!! 大アンケート」回答より

一遍上人語録 (岩波文庫 青 321-1)

一遍上人語録 (岩波文庫 青 321-1)

 

高校時代に出会ったが、三・一一後の精神的にきつかった時期を支えてくれた。一遍は一言でいえば「捨て聖」である。捨・離という仏法のエッセンスを体現した一遍の言葉にはどんな逆境にある人の心にも響く重力がある。非常時の仏教とでも名付けたい一冊だ。サンガジャパン23号「この仏教書を読め!! 大アンケート」回答より

完全に個人的な趣味の世界ですね。(^^; ただ、この二冊は、適度に短いので繰り返し通読しやすいのです。そういう意味でも、よい古典だなと思います。

  • 第十章 三蔵経典 
『スッタニパータ』と大乗への道

『スッタニパータ』と大乗への道

 

スッタニパータのなかで最古層とも推定されている「八偈品」「彼岸道品」のうち、前者の「八偈品」を精読した作品です。大乗への道云々ってのは正直どうでもいいような気もするんですが、最近出た『スッタニパータ』の解説書のなかでは、石飛先生のこの本がもっとも読みが深いというか、論理を追っているだけで心静まるような良さがあると思いました。

原始仏典――その伝承と実践の現在―― (サンガジャパンVol.25)

原始仏典――その伝承と実践の現在―― (サンガジャパンVol.25)

 

んで、こちらのサンガジャパン25号から、スマナサーラ長老のスッタニパータ「彼岸道品」講義が始まっています。kindle版はセール中のようなのでお試しにぜひ読んでみてください。

スマナサーラ長老関連のパーリ経典解説本については、既に解説をまとめてあります。星さんの選書とも被りますが、ぜんぶおススメです。→ アルボムッレ・スマナサーラ長老の著書をたどる『長老のパーリ経典解説本を読破する』

あと、書籍にはなっていませんが、「光明寺経蔵」ホームページではパーリ経蔵(長部と中部の全編と相応部の一部)の現代語訳が詳細な文法事項を含めた形で読めます。これだけ膨大な経典を個人訳し、さらに無料公開されているというのは素晴らしいことだと思います。

仏教史研究ハンドブック

仏教史研究ハンドブック

 

仏教史を学ぶ人向けのガイドブック。日本仏教編では第4章がまるまる「日本近代」。これは20年前だったら想像だにつかない研究トレンドの変化です。その一方で、第1部第1章「インド」は日本その他仏教圏で用いられた”素材”としての仏典編纂史をなぞっているだけで、インド仏教の展開を通史的に捉える視座は皆無。勿論アンベードカルによる近代仏教復興運動は本文でも巻末年表でもガン無視。第1部第2章「アジア諸国・地域」も、やけにあっさり。第2部「中国」「朝鮮半島」は日本への影響が大きい地域だけにバランスよい概説になっていると思います。分野ごとの記述の偏りを感じ取るだけでも、現代日本の研究者たちが仏教史にそそぐ眼差しのありさまが伝わってきて面白い読み物です。

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

 

第一回「ひじる仏教書大賞」に輝いた作品。近代仏教という「迷宮」への誘い。マストバイの一冊です。

naagita.hatenablog.com

広説 佛教語大辞典 縮刷版

広説 佛教語大辞典 縮刷版

 

辞書って最近はほとんどオンラインでしか使ってなくて、わざわざ重たい紙の辞書を開くことって滅多になくなったのですが、もう四半世紀以上手元に置いてたまに使ってる辞書といえば、中村元『佛教語大辞典』ですね。実は僕が持ってるのは「広説」じゃないほうなんですけど……。引き方からして難しくてビギナーにお勧めするのは躊躇しますが、碩学中村元博士の精髄たる、仏教辞典のなかの仏教辞典とも言うべき作品。情報量は圧倒的です。一生ものの買い物と思い切って、よろしければ。

www.hozokanshop.com

初期仏教経典から抽出した固有名詞を集めた辞典です。Malalasekeraさんの"Buddhist Dictionary of Pali Proper Names"はオンラインで検索可能ですが、赤沼智善の辞書は漢訳阿含経典もカバーしているので、これはこれで未だに貴重なデータベースです。

A Dictionary of Buddhism (Oxford Quick Reference)

A Dictionary of Buddhism (Oxford Quick Reference)

 

こちら英語版の仏教辞典(事典)。英和辞典を引き引きたまに眺めるのですが、読み物としてなかなか面白いです。英語圏の視野だと仏教ってこういうふうに見えるのかぁと新鮮な発見に満ちています。最近、和訳『オックスフォード 仏教辞典』も出たんですが、あまりの価格差に躊躇してまだ買ってません。(^^;

 

という感じで、思いだし思いだし、おススメ仏教書を並べてみました。まずは星さんのブックガイドをお読みいただいて、余力あればこちらで紹介した本も手に取ってみてください。

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

スマナサーラ長老 ”さまざまな「日々是好日」経” 講義メモ

“さまざまな「日々是好日」経”講義メモ

2014年01月23日
新宿朝日カルチャーセンター講義
スマナサーラ長老

 

■『「日々是好日」偈』

Atītaṃ nānvāgameyya, nappaṭikaṅkhe anāgataṃ;
Yadatītaṃ pahīnaṃ taṃ, appattañca anāgataṃ.
Paccuppannañca yo dhammaṃ, tattha tattha vipassati;
Asaṃhīraṃ asaṃkuppaṃ, taṃ vidvā manubrūhaye.

過去を追いゆくことなく また未来を願いゆくことなし
過去はすでに過ぎ去りしもの 未来は未だ来ぬものゆえに
現に存在している現象を その場その場で観察し
揺らぐ(執着する)ことなく動じることなく 智者はそを修するがよい

(以下後述)

 

■阿羅漢方の解説

サミッディ尊者のエピソード:パーリ経蔵の中部(マッジマ・ニカーヤ)には、131.Bhaddekaratta-suttaのほかに、登場キャラを変えた「日々是好日」偈に関する経典が3パターン(132.Ānanda­bhaddekaratta-sutta,133.Mahākaccāna­bhaddekaratta-sutta,134.Lomasa­kaṅgiya­bhaddekaratta-sutta)出てきます。なぜでしょうか? もしや、大事なので必ず憶えなさいという意味じゃないでしょうか? 因果法則に関する経典は繰り返しが大量で、3回どころじゃないありません。「日々是好日」偈はマッジマ・ニカーヤで四回も繰り返し取り上げられています。つまり、これはとても重要な経典(偈)なのです。今日は133 Mahākaccāna­bhaddekaratta-suttaを取り上げます。

 

■マハ―カッチャーナ「日々是好日」経(Mahākaccāna­bhaddekaratta-sutta)

早朝、沐浴中のサミッディ(Samiddhi)長老のところにある神が現れます。

神:「あなたは、「日々是好日」偈とその分析を憶えていますか?」
サミッディ長老:「知りません」 
神:「私も知りません。でもあなたは聴いて憶えておきなさい。解脱(精神の解放、自由)に達する教えですよ」

ここで「憶えておく」というのは、教えと一体になるくらい脳に叩き込むことです。だから繰り返し唱える。それで心がどんどん変わって解脱に達するのです。

サミッディ長老は、釈尊に偈を教えてもらいます。しかし、お釈迦さまは詳しい説明なしに帰ってしまいます。そこでサミッディ長老は、マハーカッチャーナ(Mahākaccāna)尊者に解説を頼むのです。

マハーカッチャーナ長老:「法主釈尊から直々教えを受け取っておいて、なぜ解説を頼まなかったのか?」
サミッディ長老:「でも尊者は釈尊にも認められている方ですから。もったいぶらずに解説してください。」

 

■過去を追いゆく とは?

ここから、マハ―カッチャーナ尊者が「日々是好日」偈について解説します。

「かつて私の眼はこのようなものであった。色(見られるもの)はこのようなものであった」と想います(妄想します)。

過去の眼と色(見たもの)についてあれこれ妄想するのです。

「彼の認識は愛欲(chandarāga)と繋がります。」

いくら過去を思い出しても、その時に比べていまの感覚は衰えています。だから過去の認識に対して愛欲(chandarāga)を感じてしまう。引っかかってしまう。昔は良かったなぁ、という気持ちが起きてしまうのです。

「認識が愛欲と繋がったので、《そこに》喜び・愛着(abhinandanā)をおぼえる。」

聖者は過去を忘れるということではありません。記憶に気持ち(感情)が入っているかどうかで、聖者と凡夫が分かれるのです。無執着の人は、過去のデータ・経験を思い出しても、それに伴う感情は起こらないのです。

「《そこに》愛着をおぼえるとは、過去を追いゆくことです。」

 過去の眼と色 → 愛欲
 愛欲 → 喜び・愛着
 喜び・愛着 → 過去を追う

以上のように、耳と声、鼻と香、舌と味、身体と触(硬さ・熱)、意と法(諸現象)の関係も説明します。

■過去を追わない とは?

眼耳鼻舌身意それぞれの識について思い出しても、それらに対する認識が愛欲と繋がらないのです。愛欲が無い場合は喜び・愛着もありません。過去の感情を蘇らせないのです。

 

■未来に期待する とは?

「未来、私の眼はこのように、色はこのようになることでしょう、と、未経験の、得ていないものを経験するために、得るために心を働かせるのです。」

「こころを働かせると、そのことについて喜び・感情が起こる。」

例:「マイホームを作るぞ」と思った時点でマイホームができたような気分に浸ることです。実行できるか否かは関係ありません。食べてないのに美味しく感じる、という話です。できるかどうかわからないことに欲・怒り・憎しみなどをつくって心が汚れるのです。

「喜び・愛着が起こるとは、未来に願いをかけることです。」

以上のように、耳と声、鼻と香、舌と味、身体と触(硬さ・熱)、意と法(諸現象)の関係も説明します。

過去や未来について感情をつくることで「いま」のこころが汚れるのです。いつでもダメージを受けるのは「いま」のこころです。そういう危険なカラクリについて説明しているのです。

■未来に期待しない とは?

「眼耳鼻舌身意が色声香味触法に触れて起ころうとする認識に対して、《このようになればよい》と期待しない、願わないことです。」

「(これから)○○します」はOKです。でも感情をつくらないこと。

 

■現在(の状態)に執着する とは?

「この眼、この色(見えるもの)は現在です。この現在に対して、認識が愛欲で汚れる(結ばれる・繋がる)。」

「愛欲に染まった認識はそこに喜び・愛着をおぼえる。愛着が起こるとは現在に執着することです。」

欲だけではなく、怒り・憎しみ・恨み・嫉妬なども同じ接着剤なのです。

以上のように、耳と声、鼻と香、舌と味、身体と触(硬さ・熱)、意と法(諸現象)の関係も説明します。

現在においても、六つのチャンネルで、あらゆる処から接着されるのです。

現在(の状態)に執着しない とは?

眼耳鼻舌身意と色声香味触法の関係という現在の現象に対して、こころは愛欲を作らない……。

現在に愛欲→喜び・愛着をつくっても、現在はすぐに消えてしまうものです。執着できないのです。(執着したら、)今を生きられないのです。

Asaṃhīraṃ asaṃkuppaṃ, taṃ vidvā manubrūhaye.
揺らぐ(執着する)ことなく動じることなく 智者はそを修するがよい

過去・未来・現在に執着をつくることなく、元気いっぱいに今を生きてみましょう、という教えです。

Ajjeva kiccaṃ ātappaṃ, ko jaññā maraṇaṃ suve;
今日こそ努め励むべきなり だれが明日の死を知ろう

これができると、頭がものすごく鋭くなります。

Na hi no saṅgaraṃ tena, mahāsenena maccunā.
されば死の大軍に 我ら煩うことなし

死の大軍:我々に死をもたらす原因は無数にあります。生きられる原因はほんのちょっとしかない。そういうわけで「死の大軍」というのです。

瞑想の言葉:「生は極めて不確かなもの。死だけが確実です。」確かなものとは、「私は瞬間瞬間、歳をとります、そして死にます」という事実だけです。

Evaṃ vihāriṃ ātāpiṃ, ahorattamatanditaṃ;
昼夜怠ることなく かのように住み、励む
Taṃ ve bhaddekarattoti, santo ācikkhate muni.
こはまさに「日々是好日」と 寂静者なる牟尼は説く

これが聖者の生き方です。
こころに感情が生まれないから、自由・安穏なのです。

 

■補足

「日々是好日」偈について、釈尊の説明は《自我の錯覚でひっかかるなかれ》という「哲学的」な解説でした。マハーカッチャーナ尊者の説明は《認識する時にひっかかるなかれ》という認識論的な解説になっています。尊者の解説について、釈尊も後でそのとおりと認めました。仏教では両方から説明しますが、後者の説明が多いのです。結局は「認識」ですからね。

こころが動じない(asaṃkuppaṃ)とは、「こころが汚れない」ということです。認識によって、常にこころは揺らいでいる=汚れている=感情をつくっているのです。区別は知識能力によるものです。差別は感情が入っています。(英語だとどちらもdiscriminate という単語を使うので困ってしまいます。)

仕事に対して「興奮しない」とは、「しっかりやっている」ということなのです。動じない、揺らがない、というのは素晴らしいことです。(終わり)

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

 

2016年に出たスマナサーラ長老の本(2)電子書籍

今年の更新のしめくくりとして、2016年に刊行されたスマナサーラ長老の電子書籍を紹介したいと思います。紙で出版した新刊タイトルの大半は少し遅れてkindle化されていますので、それらは除外します。日本テーラワーダ仏教協会(JTBA)から刊行した電子書籍が中心となります。

1『充実感こそ最高の財産―今この瞬間を生き切ればいい』JTBA。2002年に刊行された同タイトルを電書にしました。ダンマパダ(法句経)の一節から展開される人生論です。掌編ながら、人生でほんとうに大切なものは何なのか、問い直すきっかけになる良著だと思います。

仕事でいちばん大切なこと
 

2『仕事でいちばん大切なこと』Evolving。2009年にマガジンハウスから刊行された本の電書版。長老がビジネスマンの悩みにズバリ答えたQ&A集。初対面の相手に緊張してしまう。隣に座っている同僚がどうも苦手だ。朝、起きるのがつらい。仕事に目的意識が持てない。お金の使い方が分からない。いまの仕事が「ほんとうの仕事」だと思えない、グローバリゼーションってなに……といった、働く人なら誰でも抱える日々の悩みや疑問を、どう解決すればいいのか。「ビジネスマンをパワーアップするヴィパッサナー瞑想」「生きるのが楽になる慈悲の瞑想」のマニュアルも掲載しています。

3『わたしたち不満族 満たされないのはなぜ?』JTBA。2006年に協会施本として刊行された施本(のちに国書刊行会から単行本化)がベースになった作品です。多くの人々は、なんらかの「不満感」「不服」「欠落感」「喪失感」といったものをかかえて生きていると思います。そして、それが「満たされる」可能性は、きわめて低いのです。お釈迦さまは、「苦(ドゥッカ)」についての教えのなかで、「求めるものが得られない苦しみ」を説かれました。はたして私たちは、この苦しみを乗り越え、「満足感」を得ることができるのでしょうか。この得体のしれない「不満感」は、どこから生じているのでしょう。「不満」の謎を究明し、なにがあっても失われない「満足感」を味わうために、ブッダの智慧を学びましょう。

4『ブッダが幸せを説く: 人の道は祈ることより知ることにある』JTBA。2001年協会刊の電書化。わずか一握りの人にだけ実現できるものは「人類の幸福」にはなりません。幸福とはすべての人間に実現できなければ無意味なのです。仏教が提唱する「すべての人間に実現できる幸福」とは何なのでしょうか? タイトルでも雄弁に語られているように、信仰や宗教に頼る不安な生きかたを脱却して、幸福に満たされた「目覚め」の人生を歩むことを力強く薦める啓蒙的な一冊に仕上がっています。

5『デキる人の秘密 仏教の性格判断と能力開発法』JTBA。2010年に国書刊行会より刊行されたタイトルを電書化。アビダンマ『人施設論』などに基づいた、テーラワーダ仏教の人間学を紹介した異色作です。本の冒頭で、スマナサーラ長老は「われわれは、どうして人の性格を知りたがるのかというと、まずその人を支配したいからなのです。それは、とんでもない罪なのです。」と言い切ります。性格判断をしたがること自体が、私たちのこころの弱みなのです。本書は世俗の性格判断と仏教の性格判断の違いを鮮明にしつつ、性格判断にまつわる「弱み」から自分自身を解き放ち、ブッダの説かれた能力開発法に明るい気持ちでチャレンジしようと促してくれます。勇気が出る本です。

6『怒りの無条件降伏 中部経典『ノコギリのたとえ』を読む』JTBA。2004年協会刊の電書化。中部21『鋸喩経(カカチューパマ・スッタ)』を全文解説した作品です。怒りに囚われてトラブルを惹き起こしたある比丘に向けて、お釈迦さまは徹底した「怒りの克服」と「慈悲の実践」を説きました。たとえ盗賊に捕まって、生きたままノコギリで身を切られたような目に遭っても、相手に怒りを抱いてはいけないよ、という壮絶な喩え話がタイトルとなっています。出家者に対する説法ではありますが、経典のなかで語られる貴婦人と女奴隷のエピソード(いつもは温和な人であっても不快な言葉に接することで怒りに駆られてしまう危険性を説いた逸話)、他者から投げかけられる様々な批判の言葉への対処法、慈悲の冥想で体得すべき「大地のような心」「虚空のような心」「大河のような心」の解説など、時代や立場を超えた怒りの克服、慈しみの成長のありかたが懇切丁寧に説かれています。「怒らないこと」こそ、仏弟子にとって重要な修行なのだと学べる一冊です。「釈迦牟尼仏陀の世界 聖なるこころを体験しましょう」(慈悲の実践フルバージョン)とも関係が深い経典です。

7『お釈迦様のお見舞い 気づきと正知による覚りへの道』JTBA。初出は2008年刊の協会施本。パーリ相応部六処篇『疾病経』(一)に基づいて、ブッダが病気の弟子たちを見舞った際に指導した自己観察を学びます。瞑想初心者から最終的な覚りの段階までの実践プロセスがコンパクトにまとめられており、「気づき(sati)」の大切さがよく理解できる本です。 

8『自殺と「いじめ」の仏教カウンセリング』JTBA。2007年に宝島新書で刊行した同タイトルをもとに電書化しました。人間が自殺願望を持つのは当たりまえ、という仏教の考えかたをもとに、「死にたくなる」気持ちを乗り越え、熾烈な「いじめ」と向き合い、人生を巧みにサバイバルする道を探ります。読み応えという意味では、スマナサーラ長老のたくさんの著作のなかでも、随一だと思います。

 

紙媒体と同時進行のものを除いた、協会プロデュースによる電子書籍化タイトルは以上8点ですが、他に佼成出版社の既刊3タイトルも今年2月に一挙電子書籍化されました。

原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話

原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話

 
原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一悟

原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一悟

 
原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章

原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章

 

ダンマパダから精選した偈の翻訳と解説で構成された『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』(2003年)、その続編にあたる『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一悟』(2005年)、スッタニパータの巻頭を飾る「蛇経」全訳と解説『原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章』(2009年)、いずれもスマナサーラ長老の代表作です。なお、『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』は、角川文庫版『心に怒りの火をつけない ブッダの言葉〈法句経〉で知る慈悲の教え』の電子書籍と同じ内容です。

 

Amazon.co.jpKindleカテゴリーで検索すると、2016年12月29日現在、スマナサーラ長老の書籍が99点並んでいますKindleの「仏教」カテゴリーは996点ですから、ほぼ1割がスマナサーラ長老の本ということにもなります)。そのうちKindle Unlimited 読み放題対象になっているのは64点です。5巻まで電書化されている『ブッダの実践心理学』シリーズも含まれるので、初期仏教好きの読者にとっては、かなりお得感のあるサービスになっているのではないでしょうか?

 

というわけで、ひととおり今年の仕事を振り返ったので年内の「ひじる日々」更新はこれにて終了としたいと思います。2015年に比べると記事数が激減してしまいましたが、Twitter(@naagita)や新しく開設したnoteページ(商業誌等に寄稿したテキストのアーカイブが基本)とうまく使い分けながら、来年もものずきな仏教系ブログとして歩みを続けていきたいと思います。

 

「ひじる日々」読者の皆様がいつでも幸福安穏でありますように。

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2016年に読んだ仏教の本つれづれ

今年はランキング的なことはやめて代わりに「2016年第一回「ひじる仏教書大賞」を発表 - ひじる日々」とぶち上げてみたのですが、年末で興に乗ってきたので、今年読んだ仏教関連の本について寸評していきたいと思います。

聖徳太子: 実像と伝説の間

聖徳太子: 実像と伝説の間

 

石井公成『聖徳太子 実像と伝説の間』春秋社。著者の石井先生からご恵投頂きました。古代史ものは固有名詞を追うだけで一苦労ですね。太子を巡る壮大な言説史を俯瞰しつつ、仏典と日本書紀などの対応に目配りしながら、悠然と語られる聖徳太子伝。骨のある読書をしたい方におススメです。

ブッダが説いたこと (岩波文庫)

ブッダが説いたこと (岩波文庫)

 

ワールポラ・ラーフラブッダが説いたこと』岩波文庫青343-1。スリランカ出身の学僧が初期仏教のエッセンスを解説した良著です。スマナサーラ長老に比べると論調はちょっとゆるふわで通仏教的なので、食い足りない人もいるかもしれません。第六章「無我(アナッタ)」が特に読みどころでしょうか? 英語版はネットにあるので併読も勉強になってよいでしょう。ただ訳者の今枝氏による解説はブータン礼賛に偏りすぎで、ちょっとどうでもいい感じです。

naagita.hatenablog.com

4月に公開した上記記事などでも触れましたが、この時期に著者の方々からご恵投いただいた三冊の仏教書、どれも重厚な作品でした。もう一年分おなか一杯という 笑

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

 

『近代仏教スタディーズ 仏教からみたもうひとつの近代』法蔵館なんども触れましたが、 2016年第一回「ひじる仏教書大賞」受賞作品です。なにより、歴史や思想を見る視野が広がる体験が面白い本だと思うので、ぜひ読んでください。

仏教をめぐる日本と東南アジア地域 (アジア遊学 196)

仏教をめぐる日本と東南アジア地域 (アジア遊学 196)

 

大澤広嗣・編『仏教をめぐる日本と東南アジア地域 (アジア遊学 196)』勉誠出版こちらも近代仏教に関する共同研究の最新成果です。テーラワーダ仏教圏でもある東南アジア地域と日本仏教がどう関わっていたのか? 現代日本におけるテーラワーダ仏教の広まりの背景を知るうえでも重要な著作だと思います。なかでも、藤本晃先生の「参与観察」にもほどがあるレポートが壮絶です。ちなみに大澤先生の『戦時下の日本仏教と南方地域法蔵館は、購入したけどまだ通読できてません……。

石飛道子『『スッタニパータ』と大乗への道 ブッダの教えはどのように大乗仏教に引き継がれたのか?』サンガ。札幌ダンマサークルでも勉強会の講師をしてくださっている石飛道子先生が『スッタニパータ』の第四章「八偈品」 を新たに訳しつつ読みこんだ作品です。パーリ語の文法用語なども出てくるので仏教書読みの中級者がターゲットかもしれませんが、著者のガイドに沿ってブッダの直説に触れていくうちに心が静寂になっていく素晴らしい読書体験でした。「法にしたがった法の実践ということを特に意識して」読み進める著者の真摯な姿勢がそうあらしめたのでしょう。ちなみに本書に刺激されて、スマナサーラ長老にスッタニパータ第五章「彼岸道品」講義をお願いすることになりました。その最初の講義まとめが『原始仏典――その伝承と実践の現在―― (サンガジャパンVol.25)』に載ってます。来年以降に順次単行本化すると思いますので、お楽しみに。

アショーカ王碑文 (レグルス文庫)

アショーカ王碑文 (レグルス文庫)

 

塚本啓祥『アショーカ王碑文』レグルス文庫。新刊ではありませんが、第三文明社のレグルス文庫はKindleUnlimitedに入っているんですよ。いわずとしれたアショーカ王の碑文を和訳・解説した作品です。政治とは何のためにあるのか、と考えるための古典でしょう。アショーカ王の治世方針は、東南アジアやスリランカによく見られる人気取りのために仏教の守護者ぶる権力者のありかたとはぜんぜん違うことがわかります。信仰のいかんにかかわらず、政治家の皆さんの書架に漏れなく刺さっていてほしい一冊です。

従って、私がどのような努力をなそうとも、〔それは〕有情に〔負うている義務の〕債務を履行するためであり、更に、かれらを現世において安楽ならしめ、また来世において天に到達せしめるためである。

『歎異抄』 2016年4月 (100分 de 名著)

『歎異抄』 2016年4月 (100分 de 名著)

 

釈徹宗『NHK 100分 de 名著 『歎異抄』』NHK出版。安定の釈先生という感じ。短い本なのに、読み落としてたポイントいろいろ教えて頂きました。これもkindleで読みました。っつーかほんと電書手放せなくなりましたね。

入門 近代仏教思想 (ちくま新書)

入門 近代仏教思想 (ちくま新書)

 

碧海寿広『入門 近代仏教思想』ちくま新書。こちらもすでにブログで紹介しました。井上円了清沢満之、近角常観、暁烏敏倉田百三(ともに真宗大谷派)の事績を個別に紹介しながら、近代における日本仏教の変容を上述のような「仏教の教養化の展開」として描ききった非常に刺激的な作品(暁烏敏の毒電波に当てられて、後半はちょっと疲れましたけど、この後味の悪さもまた近代仏教研究の魅力)です。『近代仏教スタディーズ』のイントロダクションとして読まれるのもいいのではないでしょうか?

戦後歴史学と日本仏教

戦後歴史学と日本仏教

 

オリオン・クラウタウ編『戦後歴史学と日本仏教法蔵館こちらも「2016年第一回「ひじる仏教書大賞」を発表 - ひじる日々」にて紹介済み。近過去における歴史学研究の流れを振り返っての自己言及ということで、読者は選びそうですが、僕なんかは真剣に読まなければいけない本だと思いました。

『井上貫道老師提唱録』タイトルがやけに長いので省略。kindleで読みました。曹洞宗には珍しく?覚りということを否定してない(「修証一等」みたいな寝言を言わない)老師様だそうです。テーラワーダ仏教をかじってる偏見で読んでも、なるほどと思わされる内容でした。今年の収穫といってもいい一冊です。

どんないいものでも、掴んだら不自由になるということを、よく知っておいて欲しい。何にも掴まないと、握っていないと、どこに行っても何か忘れてきたんじゃないかって探さなくていいんですね。

鉄道が変えた社寺参詣―初詣は鉄道とともに生まれ育った (交通新聞社新書)
 

平山昇『鉄道が変えた社寺参詣』交通新聞社新書。近代化の象徴たる鉄道が江戸期からの庶民信仰にブーストをかけつつ、その内実を変容させる様を活き活きと描いています。ほんと目から鱗の連続で、必読の快著です。これもkindleで読みました。

結論を先取りして言えば、「初詣」は鉄道の誕生と深くかかわりながら明治中期に成立したもので、意外にも新しい行事なのである。この新しい行事が定着してしばらくたって、後を追うように明治末期以降に俳句の世界に「初詣」という季語が登場した

捨ててこそ人生は開ける―「苦」を「快」に変える力
 

他阿真円『捨ててこそ人生は開ける 「苦」を「快」に変える力』東洋経済新報社今年、運転免許返上でも話題になった時宗法主の自伝です。刊行された2013年に読んでますが、KindleUnlimitedに入っていたので再読したら、またいろいろと発見ありました。法話というより、一世紀近く活動的に生き抜いてきた(地方政治家としてのキャリアも長い)僧侶による近代史の証言ですね。

私は昭和二四年(一九四九)から五〇年以上、保育園長を務めてきました。そして、三歳未満児保育や長時間保育を昭和四〇年(一九六五)頃、岡崎市ではじめて導入しました。まだ国の補助もない時代でした。当時、働くお母さんたちは皆、乳幼児を預ける場所がなくて、仕事に戻れなかった。それを応援したかったのです。

南方戦線での過酷な体験談、インドネシアからの引き揚げ時に「大本営発表」の立役者である馬淵逸雄・元陸軍少将と交流した逸話などもさることながら、こういった戦後の足跡も興味深いのです。他阿真円上人、一度お見かけしたことあるんですけど、ほんとチャーミングなおじいちゃんですよ。(^^♪

上座仏教事典

上座仏教事典

 

『上座仏教事典』めこん。こちらもブログ過去記事で紹介済みですが、パーリ語中心の仏典研究とアジア地域研究の両面から上座仏教テーラワーダ仏教)を総合的に扱った世界初の大著。画期的な事典です。ただダルマパーラとか、ダルマパーラとか……自分で調べた経験のある項目については、あれ、事実関係が違うんじゃね?という気になるところもあります。ぜひ増刷、電子化とさらなる普及を図りつつ、アップデートしてほしいものです。

増支部経典 第一巻

増支部経典 第一巻

 

浪花宣明・訳『増支部経典1(原始仏典IIIシリーズ)』春秋社。故・中村元博士発願によるパーリ経典の現代語訳シリーズもいよいよ増支部に突入。無意味に単価を上げていた箱を廃止したのは良いことと思います。あと電書化もぜひよろ!複数訳で註釈も淡泊なので大蔵出版の片山先生個人訳に比べて、なんつーか使い勝手悪いところもあるんですけど、個人的に大好きな増支部(アングッタラ・ニカーヤ)初の現代語訳ということで諸手を挙げて喜びたいと思います。

相応部(サンユッタニカーヤ)蘊 篇 II (パーリ仏典 第3期6)

相応部(サンユッタニカーヤ)蘊 篇 II (パーリ仏典 第3期6)

 

片山一良・訳『相応部(サンユッタニカーヤ)蘊 篇 II (パーリ仏典 第3期6)』大蔵出版そんでこちらが、片山先生個人訳のパーリ経典現代語訳シリーズ最新刊ですね。いろいろ講演サマリー案つくってスマナサーラ長老に「こんなんどうでしょ?」と提案する時、なんといっても頼りになるのはこのシリーズです。片山先生におかれましては、ぜひ増支部まで訳経を完遂していただきたいものです。

 

ほかにも仏教書ではないけど、これって仏教的な歴史書だなぁ、と思ったユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福河出書房新社とか、まだ紹介したい今年読んだ本はありますけど、だいぶ長くなってしまったのでこの辺で。

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2016年に出たスマナサーラ長老の本(1)紙の本

2016年に出たスマナサーラ長老の本について、ざっと振り返ってみたいと思います。

今年はとにかく『大念処経』を本にできたことに尽きるんですけど、それ以外にもたくさんの本を出しました。

40歳からを悔いなく生きるブッダの智慧

40歳からを悔いなく生きるブッダの智慧

 

第二の思春期への入り口とも言われる40歳からの生き方を指南した実用書です。仕事で成果を上げるコツを掴み、感情で行動しないように戒め、人づき合いの達人になる方法を身につけ、めげずに社会を生き抜き、そして「自分の人生」に向き合う。さまざまなストレスに苛まれる40歳からを強く生きる智慧を学びましょう。

仏教の時間論(瞬間論)を切り口に語られる新しい人生論です。よく「時間に追われる」と言われますが、目の前にあるのは瞬間という存在だけ。時間とは瞬間の積み重ねに過ぎません。時間にとらわれない生き方の提案は、あなたの人生を楽にしてくれるはずです。kindle版あり。

一日を変えるブッダの教え

一日を変えるブッダの教え

 

日本テーラワーダ仏教協会機関誌『パティパダー』巻頭法話をまとめた作品。競争社会をどう生きる?/悩みの元は思考にあり/怒りを手放す/身体と心/好き嫌いは危険な妄想/幸福な人生を目指して という6つのテーマに沿って選ばれた30篇が掲載された重厚な一冊です。ぜひ座右の書としてお手元に置いて頂ければと存じます。kindle版もあります。

大念処経 (初期仏教経典解説シリーズ)

大念処経 (初期仏教経典解説シリーズ)

 

大念処経(だいねんじょきょう Mahāsatipaṭṭhānasuttanta)はパーリ経典の長部(ディーガニカーヤ)の第22経です。クル国カンマーサダンマで比丘サンガに説かれました。長部で唯一、修道法を主題とした経であり、四念処の実践に関する様々な経説を網羅しています。

四念処とは身体(身)、感覚(受)、心、覚りに関わる真理(法)という四つの側面から念処(satipaṭṭhāna)即ち「気づきの確立」に至る修道であり、「涅槃を見るための一道」とされます。本経の総説にあたるフレーズ「ここに比丘は、身において身を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて、住みます。諸々の受において……。諸々の心において……。諸々の法において……。」は、相応部大篇念処相応はじめ念処を説いた多数の経に共通します。

身念処は出息・入息、威儀、正知、厭逆(不浄)、要素(四大)観察、九墓地(死体)。受念処は9種の感覚。心念処は14種類の心。法念処は五蓋、 五蘊、十二処、 七覚支、 四諦に分けて説かれます。ブッダは結論として、四念処を熱心に七年乃至七日修習すれば現世で完全智(阿羅漢果)または不還果に至ると結論づけます。

本書は、この『大念処経』の全文をパーリ原典から紐解いて解説した日本語圏で初めての実践的完全注釈書です。冥想をされている方にとって、これ以上ないガイドブックになるでしょう。また、さぼっている人のやる気を引き起こし、門外漢もブッダの「如理作為」の世界を垣間見れる宝石のような本です。自分はこの本を出すために仕事してきた、とゆうても過言ではないです。間違いなく、スマナサーラ長老の代表作になるでしょう。仏道修行の導きの書として、長く読まれてほしいです。

スマナサーラ長老のまえがきに、本書の特色が示されていますので、引用します。

 衆生にとって、(こころの)清浄に達するための、愁い悲しみを乗り越えるための、苦しみと憂いが消えるための、正理を得、涅槃を目のあたりに見るための唯一の道である、『Mahāsatipaṭṭhānasutta(大念処経)』を読んで、理解してみましょう。原文を読んで理解できるならばそれに越したことはありませんが、現代人の世界観は昔と変わっているので、簡単に理解できて納得いけそうにないのです。というわけで、うるさく感じるほど延々と、大念処経について解説いたしました。解説は決して絶対的なものではありません。いろいろな角度から解説できるからです。本書では、お釈迦さまの教えを実践する方々に焦点を合わせて説明したのです。実践することを念頭に置いた解説なので、学術的な注釈にはならないと思います。

 実践する方々は、この経典の内容をすべてそのまま実践しなくてはいけないと思う必要はありません。人々には、さまざまな性格、さまざまな能力、さまざまな好き嫌いがあるものです。完全に同一の生命は存在しません。しかし、生きるという衝動はみな同じです。生きかたがそれぞれ変わっているだけです。お釈迦さまの教えは、すべての生命に適用できるように普遍的な立場で語られているのです。いかなる人間にも、自分の性格と生きかたに適用する教えを見つけることができます。大念処経の場合も同じです。実践する方々には、自分個人に適用できる教えを見つけられるだろうと思います。しかし、実践は身・受・心・法という四段階になりますので、終わりまで読んで理解することが必要になるかもしれません。納得がいかないところ、疑問に思われるところなどを見つけたならば、そのまま信じる必要はありません。さらに調べてみたほうがよいのです。

『パティパダー』での約五年間におよぶ連載をまとめた本書をガイドに、ブッダが説かれた覚りへの道を疑似体験してみましょう。とにかく、本書はマストバイです!

中部131『バッデーカラッタ・スッタ』などに引用されている「バッデーカラッタ・ガーター」という八行の偈を解説した作品です。2009年11月に刊行された旧版に書下ろしの最終章「自分とは観念に過ぎない」を加えた決定版です。パーリ語のバッデーカラッタ(bhaddekaratta)は一夜賢者、賢善一喜など隔靴掻痒の直訳がされていました。スマナサーラ長老はこれに「日々是好日」という禅語を当てて見事に意訳されたのです。「過去を追いゆくことなく、また未来を願いゆくことなし。過去はすでに過ぎ去りしもの、未来は未だ来ぬものゆえに。現に存在している現象を、その場その場で観察し、揺らぐことなく動じることなく、智者はそを修するがよい。」過去への執着と未来への不安を乗り越え、今を生きる仏道、そしてその「今」さえも乗り越えて「無執着」に達する覚者の生きかたが力強く語られた金言です。本書で偈の意味を理解したら、ぜひ暗誦するまで日々念じてほしいと思います。

スマナサーラ長老の仏教塾

スマナサーラ長老の仏教塾

 

「これから仏教塾を開講いたします。」という言葉ではじまる新刊『スマナサーラ長老の仏教塾』(サンガ)。さまざまなテーマに即して、対話形式でブッダの教えのエッセンスを学べる作品です。編集は、『ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)』などのロングセラーを手がけた池谷啓さん(いちりん堂)。長老との息の合ったやりとりで軽快に読ませてくれます。kindle版もあります。本文から、少し引用してみましょう。

生きることは、どんなひとからも学ぶことができます。お年寄りからも、妻の言ったことからも、子どもが何気なく言ったことでも、人生を学ぶことができます。生きることを学ぶ。それこそが、正真正銘の仏教なのです。そして、生きることを学べば、すべてを学んだことになるのです。

ブッダはただしく「生きる」ことを伝えたのです。信仰ではありません。自らが実践して、たしかめて納得する道を伝えました。どんな人でも、教えに従ってちゃんと実践すれば、きっちりと納得のいく答えをつかむことができる。それには例外がありません。そのような意味で、「科学」といえるのです。

仏教を学んでいくと、「自分には知らないことが、たくさんあるんだな」ということがわかってきます。そうなると、知らず知らず心が柔軟になっていきます。そうすると、みんなから、「ああ、このひとは、柔和でいい感じだなあ」と、好かれるような人柄になっていきます。

みーんな生きとし生けるもの! 〈下巻〉

みーんな生きとし生けるもの! 〈下巻〉

 

もう皆様にはお馴染み慈悲の冥想フルバージョン「釈迦牟尼仏陀の世界 聖なるこころを体験しましょう」の各フレーズにちなんだ長老のご法話と、動物たちの愛らしい写真で構成された上下巻のビジュアルブックです。ゴータミー精舎の寺猫ナミとイナリ、子猫サミー、初代寺猫の故・ムーシカ、福井御誕生寺の黒猫、徳山動物園の象(スリランカから贈られた)、キリタラマヤ精舎の犬など、動物たちと長老が一緒におさまった写真は眺めているだけで心が安らぎます。ただページをめくるだけで、穏やかで優しい気持ちに満たされるような素敵な作品に仕上がっています。kindle版もあります。

季刊誌『サンガジャパン』に三回にわたって連載された精神科医名越康文さんとの対談を単行本化した作品です。仏教に造詣が深く、ヴィパッサナー実践にも取り組まれている名越さんは、まえがきでこう述べます。

瞑想は、無我になるためにやるものですから、瞑想中の体験の主体は果たして私なのか、という問題はさておき、私が瞑想を通じて核心として理解したこと以外について議論する資格はないと思って対談に臨みました。たとえば瞑想者と学者といった、異なる立ち位置からの意義ある対話本もたくさんありますが、私はおぼつかないながらも実践者として、あくまで一存在として、スマナサーラ長老とおずおずとでも対峙することを望みました。単なる知識ではなく、実践の実感で語ることでの対話の深まりこそ大切だと考えたのです。

本書の価値はこの言葉に尽きていると思います。珠玉の一冊です。ぜひお読みください。kindle版も出ています。(目次:対話1瞑想とディシプリン/対話2覚りに迫る認識論/対話3覚りの世界)

(日めくり)まいにち、修造!』などをきっかけに定着した「日めくり」カレンダー形式のエッセイ集です。漫画家・しりあがり寿さんのイラストとともに、読者が「今日は充実した一日でした」と言える人になるための実践的な短編書下ろし法話が31篇収録されています。「私は不完全である」「私の義務は努力することだけ」などの見出しだけ読んでも背筋が伸びます。カレンダーといっても年・月・曜日は省いてあるので、年間通じて繰り返し使えます。ぜひご自宅やオフィスの目立つ場所に常備して、ブッダの智慧を生活に染み渡らせてみてください。12月には、アプリ版も登場しました。

2014年から毎年刊行されている月めくりカレンダーです。「すべては無常であると観るとき 人は苦しみから遠ざかる」《ダンマパダ 二七七》など、筆文字で記されたダンマパダなどの偈と長老の解説文で構成された月めくりカレンダーです。上述の『日めくり ブッダの教え』と併せてお部屋やオフィスに常備して、放逸に流れがちの日常生活に「智慧の光」を輝かす一助としていただければ幸いです。

僧侶が語る死の正体

僧侶が語る死の正体

 

こちらは共著。版元のサンガが主催する講演イベント「サンガくらぶ」における連続講演を中心にまとめられた作品です。長老のほかに、ネルケ無方師(曹洞宗・安泰寺住職。ドイツ出身)、プラユキ・ナラテボー師(タイ・スカトー寺副住職。日本出身)、釈徹宗師(浄土真宗本願寺派如来寺住職。宗教学者)、南直哉師(曹洞宗・霊泉寺住職・恐山菩提寺院代)と、宗派も国籍も多様な仏教者が「死の正体」をテーマに法話をされています。やはり第五章に収録されたスマナサーラ長老「命への執着を捨て、生と死を理解する」がもっとも理路が整っておりそのものズバリという内容だと思います。他の寄稿者の法話も、文学的というかポエム的だったり、自分語り強めだったり、文化論めいていたり、それぞれのスタンスというか役回りを見事に果たしている感じで読み応えがありました。現代日本語圏における「仏法」の語り口の多様性を概観する意味でも、一読の価値はあると思います。

老いていく親が重荷ですか。: ブッダから学ぶ、正しい介護との向き合い方とは

老いていく親が重荷ですか。: ブッダから学ぶ、正しい介護との向き合い方とは

 

介護をテーマにした法話集です。第一章では「動物は介護をしないのか? 介護をするのは人間だけなのか?」という根本的な問いかけから「親を看る」意味が論じられます。第二章は介護にまつわる親族トラブル、第三章は介護される側に求められる心構え、第四章では必ず迎えなければならない「親の死」について考察されます。日本社会の喫緊の課題である介護について、初期仏教の視点でここまで踏み込んだ本はなかったでしょう。「老いも介護も、雨と同じ自然現象です。理性という傘をさして対応しましょう」などの金言に、ぜひ触れていただきたいと思います。

7,8巻に分冊されていた『ブッダの実践心理学』サマタ瞑想編とヴィパッサナー瞑想編を増刷のタイミングで一冊にまとめました。テーラワーダ仏教のさまざま冥想実践と、ヴィパッサナー実践による智慧(観智)の開発プロセスが体系的に解説されている必読の書です。

………

ざっと、こんな感じです。やっぱり今年も月一冊以上のペースで本(カレンダーとか変則的な企画もありますが)を出していましたね。来年もけっこう意欲的な企画がいくつか進行中なので、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

では、あと余力があれば、2016年に出たスマナサーラ長老の電子書籍についても記事を書きたいと思います。

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2016年第一回「ひじる仏教書大賞」を発表

えーと、唐突ですけど当ブログで賞を作りました。

名づけて「ひじる仏教書大賞」です。

その年にブログ主が読んだ仏教書の新刊から、これはという作品を顕彰したいと思います。副賞とか、特にないんですけど。

さっそく2016年の仏教書から始めます。

 

第一回「ひじる仏教書大賞」は……

大谷栄一・吉永進一・近藤俊太郎 編
『近代仏教スタディーズ』法蔵館

です。もうTwitterでもその旨お知らせしたので、なんのサプライズもありませんね。しかし、これは文句なしの名著だと思います。

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

 

最近盛り上がりを見せている近代仏教研究の最新成果を29人もの研究者がよってたかって紹介するという入門書的な作品です。まだカオスなところもある分野だけに、「迷宮散歩」への誘いだと編者の吉永進一先生も仰ってます。その吉永先生の「はじめに」から一文字&コマの無駄もない知の宝庫だと思います。あと、人物相関図に出てくる数々の似顔絵(宗教学者の内藤理恵子さん作)が、イメージを豊かにする上でもすごくいい効果をあげています。図書コーナーでは、拙著『大アジア思想活劇―仏教が結んだ、もうひとつの近代史』も取り上げて頂いてます。仏教への興味は薄くても、近代史や広く人文科学全般に関心がある人ならば、マストバイでしょう。版元の法蔵館もなかなか気合が入っていて、関連ブックフェアの他、近代仏教スタディーズ刊行記念サイト が開設されました。

あと、今年出た近代仏教ものの本のなかで、もっともポピュラーな作品といえば、碧海寿広『入門 近代仏教思想』ちくま新書 でしょうね。本書のAmazonレビュー欄でのやりとりを通じて、伝説の宗教学&仏教書レビュアー「ソコツ」さんの正体が碧海寿広先生だと判明したことも、ネット界隈ではそこそこ大きなニュースとなりました。

入門 近代仏教思想 (ちくま新書)

入門 近代仏教思想 (ちくま新書)

 

"かつての日本において、寺院や僧侶の存在を抜きにして仏教について考えるなど、およそありえないことであった。だが、いまや寺院や僧侶の存在を念頭に置かずとも、仏教について考えることは十分に可能である。そして、そのような抜本的な変化をもたらしたのは、近代において本格的に開始され、次第に加速化していった、仏教の教養化の展開なのであった。"

井上円了清沢満之、近角常観、暁烏敏倉田百三(ともに真宗大谷派)の事績を個別に紹介しながら、近代における日本仏教の変容を上述のような「仏教の教養化の展開」として描ききった非常に刺激的な作品(暁烏敏の毒電波に当てられて、後半はちょっと疲れましたけど、この後味の悪さもまた近代仏教研究の魅力)です。しかし、しかし、近代仏教研究の沃野をカタログ的に一望できる『近代仏教スタディーズ』と併読してこそ、『入門 近代仏教思想』の理解も深まると思うのです。

それから、ちょっと専門書寄りになりますが、オリオン クラウタウ編『戦後歴史学と日本仏教法蔵館もまた、今年の収穫ですね。

戦後歴史学と日本仏教

戦後歴史学と日本仏教

 

帝国の廃墟の上に再構築される「日本仏教」!敗戦を経験した研究者一五人は「戦後」という新時代において、いかなる日本仏教像を示したか。総合的に考える画期的論文集。

目次:

家永三郎―戦後仏教史学の出発点としての否定の論理
服部之総―「生得の因縁」と戦後親鸞論の出発点
井上光貞―焼け跡闇市世代の歴史学
圭室諦成―社会経済史の日本宗教研究
古田紹欽―大拙に近侍した禅学者
中村元―東方人文主義の日本思想史
原一男―戦後歴史学と総合的宗教史叙述のはざま
森龍吉―仏教近代化論と真宗思想史研究
柏原祐泉―自律的信仰の系譜をたどって
五来重仏教民俗学と庶民信仰の探究
吉田久一―近代仏教史研究の開拓と方法
石田瑞麿―日本仏教研究における戒律への視角
二葉憲香―仏教の立場に立つ歴史学
田村芳朗―思想史学と本覚思想研究
黒田俊雄―マルクス主義史学におけるカミの発見

本書をななめ読みしながら痛感したのは、戦後の歴史学におけるマルクス主義の影響力の大きさです。これって一般の読書人にとって、肌感覚としては急速に分かりにくくなっているポイントではないでしょうか? ちなみに、「中村元―東方人文主義の日本思想史」は今年二月に急逝された西村玲(にしむら りょう)先生の遺稿です。中村元博士の墓碑にはパーリ経典『慈経』の一節が刻まれているそうです。

ブッダのことば 慈しみ

一切の生きとし生けるものは

幸福であれ 安穏であれ 安楽であれ

一切の生きとし生けるものは幸であれ

何ぴとも他人を欺いてはならない

たといどこにあっても

他人を軽んじてはならない

互いに他人に苦痛を与える

ことを望んではならない

この慈しみの心づかいを

しっかりと たもて

東方学院院長 中村 元 譯 中村洛子 書

原稿の注釈に記されたこの言葉に触れたとき、涙が出ました。

2016年は、私たちがもう西村玲さんの新しい研究成果を読むこと、聴くことができなくなった年として、これから何度も、悲しく思いだされるのではないかと思います。

近世仏教思想の独創 僧侶普寂の思想と実践

近世仏教思想の独創 僧侶普寂の思想と実践

 


「釈迦仏からゴータマ・ブッダへ ―釈迦信仰の思想史」(20150114)

……ちょっと湿っぽくなってしまいましたが、「ひじる仏教書大賞」来年もできたらいいなと思ってます。どうぞよろしく。年内はブログ更新をもう一回くらい、今度は手前味噌というか、自分が編集・制作にかかわった仏教の本について振り返ってみたいと思います。

 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~