読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親と子どものためのマインドフルネス

本の話題

初期仏教の「気づき(sati)」の実践から、世界中に拡がったマインドフルネスの実践。エリーン・スネル著『親と子どものためのマインドフルネス』(サンガ)はオランダ語版で刊行され、その後世界中で翻訳されたエクササイズ集です。

日本語訳は日本テーラワーダ仏教協会機関誌『パティパダー』連載でおなじみの出村佳子さんが担当されました。既成の仏教用語をひとつも使わず、無常、五蘊無我、慈悲といった仏教のエッセンスを実践的に体得させる手腕は見事です。本書と付属CDを通じて、自身も子育てを経験した母親である著者の優しさと柔軟なアイデアが伝わってきます。

「カエルのエクササイズ」「火星人になってみる」「リミットはどこ?」「気分の体温計」といった楽しいタイトルのエクササイズは、ワクワク感とやる気を引き起こしてくれます。子供と一緒に冥想を分かち合いたいと思っていた人はもちろん、日常でヴィパッサナーや慈悲の実践をしている方々にも新鮮なインスピレーションを与えてくれると思います。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~