読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスクマネジメントについて/豊かさとは?(スマナサーラ長老の法話より)

Q転ばぬ先の杖、リスクマネジメント、将来への備え、と将来を心配しないということ、どう考えればよいか?

 A誰もリスクマネジメントなどしていないのです。日本は立ち上がれないほど経済状態悪いのに、何も気にしてないのです。カッコつけて未だに無駄遣いばかりです。原発は危険だと子供でも分かるのに、原発は世界で一番安全だ安全だと言っていた国が一番酷い事故を起こしてしまった。いま大変だから、今なんとかしなくちゃいけないのです。将来がどうのと妄想してあれやこれや考えても意味がありません。飛行機のパイロットはハザード訓練しています。ちょっとしたことで墜落するのは現実だから、安全です。危険は現実だからです。偽善世界はやめるべきです。

リスクマネジメントは現実であって、今の問題です。いま投資してもドカンと金が無くなる可能性あります。五年先ではなく、いま何を考えるか、なのです。証券の世界は頭がいかれています。気まぐれ感情で、気分で、実際の仕事してる人々が迷惑するのです。私が経営者なら、そういう世界から離れます。誰かさんの気分で努力がパーになるような経済システムはおかしいのです。我々は現実を見て、日々調整して生きていかないといけないのです。トヨタも販売不信の時のリスクマネジメントがなかった。リスクマネジメント誰もしていないのです。嘘をついて、無駄な金を使っているだけ。人間はどうしても見えないから、先を見ようとするのです。それで足もとが見えなくなります。足もとが見えないと倒れます。いまの現実の自分をしっかり見据えるのがリスクマネジメントです。ビジョンではなく、現実を見るべきです。

将来を気にしてもしょうがないのです。転ぶ前に杖を持つ、運転する前に道路標識を理解する、これは現実です。しかし若者が杖を持っても仕方ないのです。日々トラブルが起こり得るのです。常に現実を見て対応するべきです。

(余談:政党助成金制度はおかしい。国民と政治が遠くなって、国民とは関係ない別組織になっている。一人一人が千円ずつ出した政党なら愛着が湧くでしょうに。)

 

Q豊かさとは? ブータンのGNHにちなんで

Aブータンの人々はかっこいいです。豊かさとは心の安らぎです。物質的にどんなに豊かでも、心の安らぎと関係なくなっているのです。ブータン国王も国民と分け隔てなく気さくに付き合っています。それを見ると、皆いいなぁと思ってしまうのです。ブータンと日本は物質的に比較にならないが、日本人は誰も笑えない。笑うどころではない。向こうはいつでもニコッと笑えます。世界はこれ以上、物質的な発展は無理です。物質的なレベルが上がると、四人集まってパーティーするのも大変になってしまうのです。

アメリカは世界を破壊することでなんとかもう一度儲けようとしてますが、皆さんにはそういう人々を応援して欲しくないのです。心の安らぎを楽しく生きてみましょう。物ではなくて、楽しめるかということです。ジョブズさんのように、子供でも触って楽しめるようなものを。ああよかったと楽しめるかという、satisfaction を最大のポイントにするのが次世代のポイントです。この世界をそのように変えるならば、次世代はどうすべきか、問題なく見えてくるはずです。人々に喜びを与えるのではなく、騙して売ってしまう、という世界は上手くいかないのです。大胆に時代は変わらなくてはいけないのです。根本的な生き方の変革が必要です。もう資源も食い荒らして、次の世代は生きていけないのです。これから、人が喜びを感じられるように、安らぎを感じられるように、経済も社会も変えていかないといけません。ブータンはいい例になると思います。

世界で長く生きる技は、アジアにあります。将来をどうすべきかという智慧は、仏教にあります。先のことなど考えるなという仏教に、あらゆる問題を見通した答えがあるというのも不思議でしょう?

文化は社会の足かせになっています。文化は人間の都合で変わるもの、日々変わるものです。それに感情でしがみついて、化石になってしまう。日本のお寺は化石になっています。お寺のしきたりに何一つお釈迦様が決めたことはないのに。古い文化を守ると言っても化石でしょうに。何のプロフィットも生み出さない。化石は博物館だけでいいんじゃないでしょうか? でないと皆、博物館になって人類が崩壊してしまいます。いかに楽しく、ラクに生きていられるかと考えなくては。お盆をやるのはいいけど、イヤイヤになっては意味がない。お盆祭りが人々に安らぎを与えないと意味がないのです。

お釈迦様は、「最高な財産は喜びを感じることだ」と仰ったのです。

(2012年1月22日名古屋市笠寺ニホンガイシフォーラムでの法話メモ)

 ※Facebookのノートにメモしていた文章をブログで順次公開していきます。

 ~生きとし生けるものが幸せでありますように~