読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠について/苦しまずに死にたい(スマナサーラ長老の法話より)

■睡眠について

 

繰り返し同じことしゃべっているのですが……睡眠というのは一つの病気です。私たちは寝ることは必要だと言ってますが、そんなに証拠あるものではない。ケースバイケース。能力ある人、天才と言われる類の人は、俗世間でもほとんど寝ていない。寝ないでズーッと仕事している。しかし一般人よりケタ違いの能力者。睡眠は必ず必要ということは、よく分からない。日曜日にはいくらでも寝られる、という場合は癖になっているだけ。頭に暗示かけているだけ。同じこと繰り返すと心が慣れてしまう。学ぶとは繰り返すこと。繰り返すというのはあらゆる生命にとって重要なファクター。脳というか心の問題として繰り返しということが必要。誰でも同じことを長いあいだやって能力が身につく。それはチャラにできない。悪いことであれ、良いことであれ、繰り返すと慣れてしまう、腕が上がってしまう。だから悪いことは繰り返すなかれ、気をつけろ。善いことは繰り返せ、でないと身につかないと言っているのです。大食いも繰り返すと、少量食べても満足できなくなる。少量に慣れると、逆に、少量しか食べられない。物質的に身体にはカロリーがどれだけ必要云々というが、実際はすべて心が管理している。何回も同じことを繰り返してできるようになる、というのは心のやり方。日曜日いくらでも寝られるというのは、自分でプログラムしているんです。ヴィパッサナー瞑想は大変な仕事なので、それに慣れてくるとそれが脳の、心の楽しみになる。寝るということは心のプログラムから、かなり崩れてしまいます。世の中で天才と言われている人は殆ど寝ていない。お釈迦さまも、たまにしか寝なかった。それはわざわざ記録している。仕事でストレスが溜まって疲れてしまうと寝なくてはいけなくなる。しかし、心の刺激があって喜んで明るく活発に活動していると睡眠はいらなくなる。トラックの運転手さんたちもワンパターンの認識で仕事しているから、心の喜び・刺激が出てこない。だから寝たくなってしまう。それで事故を起こしてしまったりする。俗世間でも何日も寝ないで喜んで仕事してしまうということはいくらでもあります。ですから、睡眠が必要かどうかというのはケースバイケースです。言えるのは、「仕事中に寝ないでください」それだけです。みんな仕事中に寝たくて、あれこれ聞いているだけ。仕事終わったら、どうぞ。それだけの話。冥想も仕事でしょ? ぜったいにやってはいけないのは仕事中に寝ること。それで寝ることに慣れてしまうんです。それはひとつの病気なのでどんどん拡がってしまう。眠ることは人間に充実感を与えない。ご飯と同じでもっと食べたくなる。寝ると、もっと寝たくなる。心育てている人は、眠るのはさっさと切り上げたくなる。一般人はさっさと寝たくなる。身体も寝るのに相応しい物質の構成になってしまう。たとえ寝たくなっても、明るい作業、心に充実感を感じる作業を次から次へとやってしまうと、身体の構成が仕事に相応しいものになる。そういうものです。

 

■70代男性。あまり苦しまないで死にたい、という希望。肉体の苦しみは冥想でなんとかならないのか?

 

体が衰えるのは仕方がない。私もいま体力が落ちて苦しいが、「だから何?」という態度でいる。医者に行っても、医者は心配するが、私は「もう有効期限切れで仕方ないでしょう」という。「内蔵は有効期限切れだから治療しても仕方有りませんよw」とか。しかし体が痛いのは確かです。でも、肉体はどうせスクラップになるんだ、そんなものだと思えばニコニコしていられます。心を育てれば、対応する能力があがるんです。例えば津波が来ることは止められませんが、どう対応するか、は自分次第。体が衰えるのは変えられないが、それに対応することができるんです。体が衰えるのは当たり前、死ぬ準備でしょうと、ポジティブ的に対応できる能力ですよ、冥想で育てるのは。年取ってからあれこれ趣味を追っても、面白くないはずですよ。そうではなく心を育てることに向かえば、やるべきことが沢山見えてくるんですよ。自分の性格的な弱点が見えてきて、それに挑戦するのだという若者の気分が生まれてきます。悩む暇はなくなるんです。体の痛みはあってもそれに悩んでいる暇はない、やることたくさんあるんだ、という気分になるんです。どんなものにも使用期限があるんです。太陽にも寿命があるんです。科学者にもエントロピーを無くすことはできない。我々は物質至上主義で生きてきたからエントロピー、ディストロピー法則は心にも入っている。我々は仏教を学んで、心は別の法則だと理解して、心を清らかにしていくんです。釈尊は、自らの身体がボロボロに衰えることはあっても、自らの心・智慧が衰えることは無いのだと仰った。肉体の衰えを止めたかったら中国人みたい錬丹術の不老長寿薬(毒)飲んで早く死ぬしかないんです。肉体の衰えなんか笑っちゃえばいいんです。

(2011年12月23日ゴータミー精舎法話と冥想の会Q&Aメモより)

 ※Facebookのノートにメモしていた文章をブログで順次公開していきます。 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~