読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【主張】お寺でハロウィンを

パンプキンランタン(S)

パンプキンランタン(S)

最近、商店街の秋の集客のために無理やり祝われてる感がありありのハロウィン。西洋かぶれだ、商業主義だと腐す気持ちもわかりますが、ここはひとつ、仏教興隆のために活用してはいかがでしょうか?
 
ハロウィンといえば、欧米ですとお化け・精霊に扮した子供たちがイタズラ行脚をしたり、日本では山手線で仮装した阿呆外人が醜態を晒したりするものです(ファック!)が、これにはキリスト教文化で抑圧・迫害されてきた土着宗教の神々の鬱憤ばらしという側面があるわけです。
 
そこで、それらのお化け・精霊たちを済度しようと試みることは、仏教者役割だと思うのですよ。ついでに言えば、藁をも掴むようにハロウィンで集客しようと頑張ってる商店街の人々の願いをもすくい取るのは、門前を持つお寺さんの役割です。
 
2カラーマント 大人 パープル

2カラーマント 大人 パープル

そこで、お寺でハロウィン。
 
具体的には、お寺で西洋お化けの帰敬式・授戒会をやればいいと思います。西洋でキリスト教に迫害され、やさぐれてしまったお化け・精霊たちを慰めるために、まず門前や商店街で子供たちに仮装行列の練りをさせます。
 
かぼちゃやら、魔女やら、そういう今時のかっこうでいいんです。それからですね、子供たちの仮装行列をお寺に招き入れて、本堂に集めます。それから三帰依(+五戒か十善戒)を授けて「イタズラものの私たちですが、これからはみほとけさまに帰依して、よい子(善神)になります。」と誓ってもらうのです。
 
その他、お楽しみ要素をプラスしてもいいでしょう。それで子供達の情操教育になります。ついてくるパパ・ママやジジババも大喜びですよ。
 
歴史的にみても、仏教は既存の文化とぶつからずに、仏教の文脈に取り込むことで世界中に拡がったのですから。キリスト教と切り離せないクリスマスと違って、ハロウィンには組織宗教的なバックグラウンドもありませんし、取り入れやすいと思います。
 
お寺さん&仏教関係の各位はぜひご一考を!
 
デビルパーツ(ブラック)

デビルパーツ(ブラック)

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜