読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマナサーラ長老広島講演(午前)twitter中継メモまとめ

昨日のスマナサーラ長老広島講演(午前)twitter中継メモまとめです。私の腐った脳みそで要約しながらメモしたので、実際の講演内容のニュアンスは正確に伝えられていないことはもちろん、間違った受取り方をしている可能性もあります。その点留意の上、お読みください。

  • スマナサーラ長老広島講演会「平和と謳っていても 平和についてよく知らない」本日09:30からの講演の模様をtwitter中継する予定です。諸般の事情で中止される場合もあります。実況用のハッシュタグは、#スマナサーラ_ です。#日本テーラワーダ仏教協会_ 08:18:52
  • 行者山太光寺(広島市西区)なう。予定通り0930からのスマナサーラ長老の講演会の模様を実況中継いたします。実況用のハッシュタグは、#スマナサーラ_ です。 #日本テーラワーダ仏教協会_ 09:21:42
  • これから、一時間半くらい、お釈迦様の教えがどういうものかとお話をいたします。なかなか釈尊がじきじき説かれた本物の教えに出会うことは難しいんです。人間というのは、インチキとかコピーの方が本物より好きですからね。世の中に冥想、宗教、いろいろありますが、 10:02:33
  • コピーばかりです。キリスト教も誰かがああいった、こういったというコピーばかりで、じきじきの教えはない。修行も誰かが考えて、どうしようこうしようといったもの。今日はブッダの教えに、コピーではなく実際に触れることできます。頑張ってください。 10:02:48
  • 広島で初の講演です。何となくテーマとして、平和というのはどういうことかと。平和というのは面白い。謳うだけで実現しては困る、という概念です。やはりそのとおりだ、平和こそ、と謳うものです。実際にやるものではないのです。 10:05:40
  • 私はブッダの立場から語りますから、嫌なんです、皆と一緒に踊るのは。平和、平和と派手に謳うグループというのは。逆に言うと一度でも、この人類の中に平和があったことがあるのか。一度でも。たった二三年でも。この地球上で。平和に一日生活したという思いがあるのですかと。 10:05:46
  • これ、ブッダの特色なんです。すごく現実的なんです。スローガンかかげて、下半身裸にして歩き回ることはしません。ただスローガン掲げてデモかかげても。ブッダはスローガン文化ではない。医者と同じで、治療するのです。健康はいかに有難いかと掲げてデモしたりはしません。、 10:07:06
  • ブッダは現実的。しかし人類はそれが嫌なんです。このお寺でもやっていると思いますが、代役。木切れに自分の罪を委託して、燃やしてもらうんですね。これはエジプトの原始宗教からずーっとやっていることなんです。 10:09:08
  • ユダヤ教でも何でも。子供が病気になると、治してください、その代わりに羊や山羊をね。それで山羊を触ったりして、自分の罪をタッチして山羊に入れる。そうすれば自分は罪がなくなる。それで山の上まで山羊を追って、落として殺すと。そんなこと昔からやっていて、今もやっている。 10:09:39
  • 人間の心の地図はそうなっている。代役を頼む、オレはやらんと。それは仏教は禁止していますけど、時間が経つとものの見事にまたやっている。火を焚いたりね。会社の上司が嫌だったら、お寺で板切れで言いたい放題の事(呪い)書いて、一万円くらい出せば焼いてくれます。 10:10:55
  • 心理学の世界でもそれを使っている。カウンセラーの方々。親に対して恨みが合ったら、この枕を変わりにしてぶったり蹴ったり、包丁で刺したりしてくださいと。現代でも、そうやって代役で生きていこうとする。 10:12:29
  • 平和ということにしても、結局は代役になっているんです。このガキ遊びどこまでやるのかと。子供がおもちゃで遊ぶのはいいけど、40歳になっても同じおもちゃで遊んでいるなら、それはかっこいいことになりません。 10:13:43
  • ポイントは、誰もが平和について語りますが、なぜ平和がないのかと。理由は、それはただの歌のフレーズです。そんな気にすることじゃないんです。ラブソングいろいろあっても、だれも歌詞に書いてあることやろうとはしない。実行したら困ります。 10:14:26
  • 平和はスローガンにして謳っている。逆に言えば、人間は他人を殺したい。人々を憎むんです。それが本音なんです。人々と仲良くしたくないんです。しかし、そんな本音を丸出しにしては困るでしょう。だから、みんな平和主義です。 10:15:22
  • テロ行為している人々も、宗教で言われているからやっているそうですが、自分たちの宗教は「平和の宗教である」と言っています。平和を説く宗教が実際にはテロをしている。イエスも「平和の王子様」と呼ばれている。それでキリスト教の方々が世界に平和をもたらしたかというと 10:17:29
  • 原子爆弾までつくったのです。世界にあるあらゆる武器はその方々が作ったのです。アメリカ人を殺してやるぞと頑張っている人々が、アメリカの武器を使っているんです。敵を殺さないと、嫌な人を殺さないと、ライバルをつぶさないと、いつまで経っても平和が来ないという教えです。 10:18:36
  • ライバルを放っておいて平和といっても、やられますよと。そんなのんきなことを言っている場合ではないと。平和が欲しければ先にライバルを殺せと。それが世界の普通の常識の生き方です。私は「平和」という言葉を聴くたびに震える。一人ひとりが謳うたびに武器が一個一個現れる。 10:20:53
  • こんな恐ろしい世界になっているのは、平和運動がありすぎだからです。平和を叫ぶたびに人殺しの道具を作るんです。世界の平和をリードしているのはアメリカという国だそうです。アメリカがいないと世界に平和はないんだと。実際には、世界で戦争起こしているのはアメリカ。 10:21:07
  • 現実的に平和を築くためには、片っ端からこの地球から人類を洗い流さないといけない。仏教では、嘘を言ってはいけない、諂いはよくない、詐欺はよくない、正直は有難いと思っている、仏教の目から見ると、人間の言っている平和は、怖い。 10:22:19
  • ここだけの話ですが、私は日本人もそんなに平和主義と思っていない。戦争放棄した憲法といえば日本だけですが、一人ひとりが平和主義といえるかと。 10:23:16
  • (日本の大学で盛んだったサバイバルゲーム)やっぱり人殺したい。実際にはできないなから、ゲームとしてでもやろうかと。疑問を呈したら、アジア人には先進国の文化が分かってないと原始人扱いされた。原始人扱いでもいい。私に見えるのは、いかに人を殺したくているのかと。 10:25:49
  • 日本は今沖縄の米軍基地移転で大騒ぎ。アメリカの機嫌を損ねたらどうするのかと国会で大騒ぎしている。日本には何の権利もない、アメリカの一つの州のような気持ちで(日本人が)いる。 10:26:47
  • 敵を殺すことが平和であるならば、世界は平和にならないのです。私たちは釈尊の精神的な教えから世の中を見てみると、何が見えるのかと。私たち一人ひとりの心の中に……私たちは恐ろしい心を持っているんです。心の中で、憎しみ怒り嫉妬差別という恐ろしい猛獣いっぱいいる。 10:29:31
  • 心そのものが原子爆弾だと、本も書きました(国書刊行会 近日発売)。臨界になったら危ない。ちょっとした引き金で爆発するんです。一人ひとりの心が原子炉のようなもので、ガードするのは大変。ガードしようと 10:29:45
  • 世の中で行事作法とかうるさく言っているのは、心という原子爆弾が破裂しないように、心という原子炉が暴走しないように、なんです。しつけという制御棒。それって安全なのでしょうか?私たちは忍耐しましょう、許してあげましょう云々と道徳ばかり語っている。 10:32:03
  • そうしないと心が爆発する。しかしよく心を見ると、嘘をつくなといわれると腹が立つのです。他人に言う場合はすごく気分がいい。でも、自分に言われると、腹が立たない? すごく腹が立ちますよ。「あなた、すごく嫉妬深いな」といわれたらどう?気持ち悪いでしょう。 10:32:11
  • その場で相手を刺したくなる。えらそうに、第三者については批判します。一郎さんと次郎さんが、田中さんが人を恨んでいるんだよと。けしからんよ、というと同意する。でも、面と向かって次郎さんに「あなたもそうとう恨んでいるんだよ」といったら殺し合いになります。 10:34:45
  • このポイント覚えて置いてください。本当の話はお釈迦様しか言っていないんです。世の中にあるのは人は平和であるべきだ、でもあなたはいいですよ、という話でしょう。人は嘘つくべきではない、でもあなたはいい人だからかまいません。そういうおだての話ですよ。なぜおだてるか。 10:35:08
  • なぜおだてる世界に乗っているのか。なぜ我々をそうやって世界がおだてるのか。なぜ本当のこと言わないのか。本当のことを言うのは、たった一人、お釈迦様だけです。理由は、釈尊には、皆様からほめ言葉の一言もいりません。何もいりません。多額のお布施どころか米一粒もいらない。 10:37:14
  • あなたがた苦しんでいるの観ていられないから教えますよ、ということ。……ブッダの教えには改良改革は成り立たない。私が教えたことで間違っていると思うならば言ってみなさいと。神の言葉というのは、解説して改良しないといけない。つねに解釈しないといけない。 10:40:05
  • 仏陀の言葉には、いまだに改良改革は成り立たない。地球が丸いというくらいの真理。仏陀の言葉はそのとおり変わらないんです。本当のことを語りますから、幸福になりたかったら実践してくださいというのです。ブッダはおだてないんです。空褒めは罪だからやめなさい。しかし、 10:41:40
  • 当人の良いところは正しく評価しなさいと。ポイントずれるので戻ります。人々は、あなた道徳を守りなさい(あなたやりなさい)と言われると腹が立ちます。言わない方がいい、殺されます。人の過ちを許さないといけない。なんと美しい言葉でしょうか。 10:42:53
  • でも、面と向かって、あなた許していない人がいるでしょう。いますぐ許しなさい、と言ったらもう二度と来ないんです。「人の過ちは許すべきだ」とどうどうというのだけど……私はやりません、ということでしょう。はっきり指をさして、あなた、周りの人のことを許してくださいと 10:44:52
  • そういわれるのは嫌。でも二人で座って、「人というのは、人の過ちを許すべきですね」と話したら、そうですねと話は盛り上がる。でも、自分ではやらない。やれといわれると嫌がる。それが人間なんです。そういう人間に平和があると思う? 10:47:49
  • ポイント:心は原子爆弾 なんです。ですから臨界起こさないように鉛の板を指しています。でもこれを差し込むのは嫌なんです。人を許しましょう、周りの人に優しくしましょう、怠けてはいけないとか、それが鉛の板です。 10:48:36
  • いつでも、この鉛の板(世の中にある道徳)を心からはずしたいと思っている。世の中で語っているオモチャのような平和ではないんです。レゴブロックのようなもの。仏教が築く平和は鉄筋コンクリートで作られた本格的な建物です。 10:49:45
  • 世の中の平和論はぼろぼろ。隣の人が、他人に親切にすべきであると。隣の人が道徳を守るべきであると。隣の人が私に親切に接するならば、私もそれなりに考えて見ますと。そんな生き方が本音であって、表だけで平和を語るという。 10:52:39
  • 核兵器を世界から無くしましょうという提案を国連に出したのはインドなんです。かなり前。アメリカとソ連が核開発競争をしていた。それがいつの間に、核兵器保有国の特権を認めた核不拡散条約にすり変わった。インドは反発して署名しなかった。それで、 11:01:09
  • インドは危険な国だといいつつ、パキスタンには核技術供与をする。(オバマ大統領のノーベル平和賞受賞の矛盾について。略)そんな世界で生きている。 11:01:21
  • 心の中の核反応物質(煩悩)1500ある。お母さんが「あなたちゃんと勉強しなさい」という場合は、心に怒りの煩悩が混じっている。子供を奴隷扱いしている。だから反発される。 11:10:46
  • ガンディーは非暴力主義を標榜していたが、その非暴力主義はこの上なく暴力的(強権的)だった。言葉と実際のずれははなはだしい。(もっともはなはだしいのは宗教家。自分は神だといっているけど、実際は精神病。 11:24:00
  • 本当の平和は心の安らぎ。俗世間では、権力者・大国が自分たちの権威を確定・固定することが「平和」であるということになっている。 11:25:10
  • 釈尊がおっしゃるのは一人ひとりが平和になってください、心穏やかな人間になってください、心にある原子爆弾をすっかり解除してください。智慧は心の放射能をゼロにする。智慧を取り入れると心の放射物質が消える。心に平和を築きましょう。心を平和で満たしましょう。 11:35:36
  • 一人ひとりが平和で満たされた心で生きていれば、それで話は終わり。人を恨む理由がない、いかる理由がない、欲張る理由がない。という心を作ることが平和なんです。私は他人を恨む権利がない、という場合、「世界中の人間がみな良い人間だから」というとおかしくなる。 11:35:43
  • 平和のために悪人をつぶす、という矛盾。世界を浄化するまで自分が戦う?私はいい人間になりたい。しかしあなた方は良い人間ではないから……と周りが人格者になる事を待つならば、いつまでも得られない。自分ひとりが悪人のまま死ぬんです。 11:36:10
  • 世界が完璧になるまで待てない。まず自分が完璧になるんです。 11:36:19
  • 世界が完璧になってから自分が完璧になるのだと。なんだか大乗仏教の教えみたいですね。自分は煩悩まみれのままで、人々を覚らせるのです。自分が試食もしないで相手に食べさせて、それから自分が食うぞというようなもの。そういう「観音の哲学」では世界は滅びてしまいます。 11:36:35
  • 私が怒らないために、世界が怒らないようになるまで待ちますよ、というのはどういうことでしょうか? 11:36:51
  • 世界が怒っても、私は怒らない人間になるんだぞと。具体的に、自分で味わえる平和を築くんです。一人ひとりが自分の心の平和を味わうならば、それで立派な平和なんです。 11:37:00
  • 私は今日、朝から体の調子が悪かったのですが、でも心は、リオのカーニバルのように、つねに自分の心に喜びがなければ、人生はもったいないんです。 11:38:40
  • 心の平和を築いて、世界の平和に貢献する人間になりましょうということで、話を終了します。 11:39:21
  • 質疑応答Q自分の心をきれいにすることが大事だ。自分の中の怒り嫉妬恨み貪りなどを智慧できれいにしなさいと。生まれつき障害がある人などはどうすればいいのか? 11:46:25
  • A誰でも他人の言葉ばかり心配するんだから。いつでもその質問聞かれます。痴呆の人はどうやって冥想するのかと。自分ではやりたくないんですね。どこに言っても同じこと聞く。 11:46:40
  • Aあなたは人を恨むなよ、私は恨みますよと。それではどうやって生きるのか。あの人はどうやって守れますかと。私はそのうち考えますよと。高齢の父が冥想をしてくれないんだけど、どうすればいいでしょうか、とか。自分はやってますか?と聞くと、やってないんです。 11:46:53
  • A障害持っている人はどうするんですか、というのは、恐ろしい思考。マインドコントロールされているから気づかない。障害者の人にいきなり、四諦は覚えてる、とかいきなり言っても意味ない。 11:47:10
  • A障害の人にもこういう風にできるんじゃない?と言ったら、ではカラスはどうするのか?豚さんはどうするのか?とか聞くかもしれません。仏陀のポイントは壊れません。君がやりなさいと。世界救済に行くなよと。 11:47:23
  • A恐ろしいマインドコントロールを止めてください、世界を救済しに行くんです。救済したこと、一度もないでしょう。一度でも、他人が誰かを救済したことありえない。 11:47:35
  • Aあなたにも冥想できなくて仏教学ぶこともできなくて、障害を抱えて苦しんでいる人にどうやって教えるのか、というのはちょっと成り立たない。障害者施設で働いている人で、自分に関係がある場合でも、それは「自分の修行」なんです。障害者の人に冥想を教えるのではないんです。 11:58:42
  • Aいかに自分が明るくニコニコとして、その人たちに役立つようにするのかと、それは自分の仕事です。因果法則の世界だから、芽が出ない種もあります。自分でやらないで他人に教えてやるぞというのは恐ろしい思考。それは宗教がやるのであって、仏教はやりません。 11:58:52
  • A宗教は人間を恨んでいるんです。宗教がなければ戦争もないんです。人を差別すること、神のために人を殺しても天国にいけるんだよと、教えたのは宗教なんです。宗教がなかったら、人間は仲良くできます。宗教は、人類を救済する話に持っていくんです。 11:59:05
  • Aもしイスラム教徒が人類を救済してやるぞと思ったら、世界中がイスラム教徒にならないといけない。キリスト教も同じこと。殺しては広げる、殺しては広げる。聖者は一匹も居ないんです。いきなり救済思考というのは、昔から宗教を広げた人々にマインドコントロールされている。 11:59:21
  • Aフランシスコ・ザビエルが立派だとかね。ぜんぜん立派じゃないんだけど。わざと弾圧されるようにからくりしたり。日本に来たら、日本の文化を馬鹿にして、それで日本人が怒ったら弾圧だ弾圧だと。可哀想だと思わせるようにね。殉教者という言葉、バカじゃないですかね。 11:59:41
  • A殺されて欲しいんです。それで聖人として認定されますからね。殉教者という思考、恐ろしい思考。人類のために命を懸ける、とかしなくてもいい。それで人類が救済されるわけではない。これはたいへんな問題。 11:59:53
  • Aポイントは、放っておけ。カラスがカーッと鳴くなら放っておけ。障害の方々も居る。知識能力がそれほどない方々もいる。放っておいてください。何か相手の役に立つことができるなら、手を伸ばしてください。できることをやってあげてくださいよ。 12:00:00
  • Aなぜ犬にアインシュタイン相対性理論を教えなきゃいけないですかね?ゴーヤーは苦いのは当たり前。苦労して、ゴーヤーも柿のように甘くしたいんだと研究するんですね。疲れますよ、これは直らない病気です。そういう風に考えること事態が、認知障害なんです。 12:00:15
  • A口うるさい人も居るし、耳が遠い人も居るし、目が見えない人も居るし、放っておきなさいよそのまま。やあ、元気?とただ普通に付き合えばいいだけ。答えはそれなんです。自分でもやりたくもないことを障害者にやってもらうことは止めてくださいと。 12:00:35
  • Qなぜブッダは文章を残さなかったのか? 12:12:38
  • A昔は暗誦文化。いまでも我々の文化では暗誦の方がかっこいいと思っている。 12:12:45
  • Q六道輪廻の話が論理的ではないのでは? 12:12:55
  • Aそちらにはどの程度ことが理解できるのかと。その程度に合わせて話します。あなたが物事を正しいと判断する場合は、どの程度の理解範囲かと。私と同じく、あなたも完全にマインドコントロール解いている? 12:13:11
  • A我々は自分の理解範囲で本を読んだりしているんだから、分からないことも出ますよ。そういう所は放っておいてください。屁理屈だというなら、それはブッダはバカだということでしょう。言ってもいいんですよ。でも、自分はブッダが成し遂げたことの何か一つでもやっているのかと。 12:13:29
  • A私はいまだにアインシュタイン相対性理論が何のことかとさっぱり分からない。だからといって、アインシュタインがバカだとは思わないんです。理解する方法あります。自我を無くしてください。自分が居る、という主観がある限り、魚に空を飛ぶ方法を教えるのと同じなんです。 12:13:40
  • A魚には永久的に空が見えないからといって、空は存在しないといえる? あなたはまだ「私、が知らないことは存在しないんだ」という次元に居るんだから、真理がわからないです。自我が破れたらそれが分かります。 12:14:04
  • ※午前の講演の部、終了しました。本日の実況中継はこれにて終了いたします。 随聞居士naagita 12:21:08

↓参加ブログの皆さんが幸せでありますように……↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

〜生きとし生けるものに悟りの光が現れますように〜