読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏法に「秘密」なし。カルト除けにぴったりの名言(増支部経典より)再掲

写経

今年の1月28日に掲載したエントリを再掲する。誰のためとは言わないが、こういう基本原理は何度でも繰り返して周知させないといけないと思う。仏法に「秘密」はない。仏道(修行の道)にも秘密はない。「秘密の教え」を持ちだして人を誘う時点で、仏教ではない。ニセの教えである。以下、再掲載。

…………………………………………

現代社会には「●●聖人から秘密に伝えられた法門」とか「秘密裏に守られてきた奥義」といった代物を持ち出して、無知な人々を洗脳しようとするカルト宗教が跳梁跋扈している。残念なことにそういう連中が仏教を名乗っているケースも少なくない。

彼らは「秘密の教えの伝授」と称して、人々を閉鎖した環境に誘い込み、マインドコントロールを施して大金を巻き上げる。家族や友人関係をメチャクチャに破壊する。「秘密の教え」という宣伝文句は、詐欺・恐喝・暴行など、卑劣な犯罪の温床となっている。

お釈迦さまは「隠された奥義」「秘密の教え(密教)」なるものを明確に否定された。日本の伝統となっている「密教」の評価はともかくとして、「秘密・秘儀・奥義」などを謳っている時点で、それはブッダの教えとは関係ないと断言しなければならない。

一切智者たる釈尊が示された基準に従うならば、こそこそと教えを隠す時点で、それがまがい物・インチキであることは間違いない。躊躇なく捨て去るべきなのだ。

パーリ経典に以下のような力強いブッダの言葉が記録されている。

 比丘たちよ、隠したほうが効果があり、あらわにすると効果がなくなるものが三つある。その三つとは何か。女性(の身体)は隠したほうが効果があり、あらわにすると効果がなくなる。バラモンたちの呪文は隠したほうが効果があり、あらわにすると効果がなくなる。邪見は隠したほうが効果があり、あらわにすると効果がなくなる。
 比丘たちよ、あらわになると輝き、隠されると輝かないものが三つある。その三つとは何か。月はあらわになると輝き、隠されると輝かない。太陽はあらわになると輝き、隠されると輝かない。如来の説かれた真理と戒めは、あらわになると輝き、隠されると輝かない。
(パーリ増支部三集129)

不完全で正しくない教えなら、あまり公にさらさない方が無難だろう。しかし教えが真理ならば、万人に向けて完全に開かれてこそ、燦然と輝くはずなのだ。

世の中のカルト宗教やスピリチュアル商売に関わるほとんどの問題は、釈尊のこの真理の言葉をモットーとすることで消え去るだろう。少なくとも、自分と関係なくなることは間違いない。

ブッダの真理の言葉によって、皆さんが危険から守られますように。

…………………………………………