読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケチってなに?

12日、灼熱の名古屋へ。笠寺の日本ガイシフィーラムにてスマナサーラ長老の法話と冥想会に参加。質疑応答から「ケチ」に関するお話を抜粋。ケータイの親指入力メモなので(笑)かなり端折ってます。

俗世間の「ケチ」はだいたいお金にまつわることです。でもそれでは意味が狭すぎます。

子供たちは「ケチ」を正しく使っています。例えば、

弟 お兄ちゃん、一緒に遊ぼう。
兄 嫌だよ。
弟 お兄ちゃんのケチ!


という場合です。それが「ケチ」の正しい使い方なんですね。他人の役に立つことをしてあげない。他人が必要としている助けをしないこと、協力しないこと。それが「ケチ」の定義です。


お金の場合も、自分に必要な出費なのに使わない、というならケチです。
でも、「ケチ」と「節約」は違います。


お節約は無駄をしないことです。頭が良くないと「節約」はできないのです。
節約の反対は無駄遣いです。


「無駄遣い」しているかどうかで、バカが見分けられます。


ケチはほんとに困りものです。ケチによって、自他ともに不幸になってしまうのです。


それから、出家のケチ分析もあります。

  • 住居に関するケチ。比丘が管理を任された精舎に執着して他の比丘を追い出すこと。
  • 利益に関するケチ。比丘が自分に布施する在家信者を囲い込んで、他の比丘に布施させないこと。
  • 法(ダンマ)に関するケチ。比丘が自分の学識を他の比丘に教えてあげないこと。


三番目は最悪のケチです。法をケチることで、人々の解脱の道を閉ざしてしまうのです。他人に親切に教えないこと、その人に必要な知識を与えないことはケチです。ケチによって優れた文化文明が消えてしまう、破壊されてしまう。かつて東洋には立派な精神文化があったが、このケチ思考によって無くなってしまったのです。

(以下略)

スマナサーラ長老の最新刊5冊はバラエティ豊か。夏休みのお供にどうぞ。

[生きる]論

[生きる]論

『「生きる」論』最新刊。なかなか、すごい勢いで売れています!

原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章

原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章

『原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章』こちらも根強い人気。この一冊で「悟り」がわかりかねない。

出家の覚悟―日本を救う仏教からのアプローチ

出家の覚悟―日本を救う仏教からのアプローチ

『出家の覚悟―日本を救う仏教からのアプローチ』大手書店の平積み率がもっとも高い。

沙門果経―仏道を歩む人は瞬時に幸福になる (初期仏教経典解説シリーズ)

沙門果経―仏道を歩む人は瞬時に幸福になる (初期仏教経典解説シリーズ)

『沙門果経―仏道を歩む人は瞬時に幸福になる』2500年前の仏教入門というべき重要経典を徹底解説。

般若心経は間違い? (宝島SUGOI文庫)

般若心経は間違い? (宝島SUGOI文庫)

『般若心経は間違い?』(文庫版)論争の書。ある種の試金石。


↓参加ブログの皆さんが幸せでありますように……↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

〜生きとし生けるものに悟りの光が現れますように〜